後期臨床研修医の声

当院で2年間の初期研修を終え、現在は救急科で後期研修中の宮国です。
この病院を後期研修の場として選んだ最大の理由は、症例数の多さです。
ご存知の通り当院は1次~3次救急を扱う救命救急センターを併設しており、CPA、重症外傷、ACS、脳卒中、消化管穿孔、敗血症などの重症疾患から風邪や骨折など比較的軽症な疾患まで幅広く診療しています。そして各科24時間オンコール体制のもと、専門的な診断・治療が行えます。救急
このような環境で救急科修練医は様々な科の協力があり、あらゆる疾患の初期対応を学べます。
また、ICU患者では全身管理から体外循環療法・血液浄化療法などの最先端の医療が経験でき、重症外傷ではdamage control surgeryやIVRを行っています。
もちろん、眠る暇のない当直や厳しく指導される事は多々ありますが、それ以上に学び、成長できる機会は沢山あります。
やる気ある方は是非一緒に修練し、京都の救急の一部を支えていきましょう。

救急1

救急科修練医
宮国 道太郎


京都第二赤十字病院での研修(初期・後期共)の特徴といえばやはり一次~三次まで幅広く豊富な症例数を経験できる点にあるかと思います。各科とも、豊富な疾患の中で急性期のみでなく慢性疾患も扱っています。将来的に如何なる分野を専攻する事になろうとも、研修・修練医の段階である程度急性期疾患を多く経験し場慣れする事は非常に有意義だろうと考え、私は初期研修後も当院での後期研修を希望しました。私を含め京都府外から集まった同期仲間も多く、初期研修後に半数が引き続き研修している点も、当院の後期研修の魅力を物語っているのではないでしょうか。私は小児科修練医ですが、当院は小児周産期・産婦人科領域も年中無休の当直体制が整っており、日常小児科診療も非常に活発に行われています。小児科産婦人科の立場で他科へのコンサルトが必要となることも多いですが、診療科間の横の繋がりも強くコンサルトもスムーズであり、非常に充実した修練医生活を送っています。症例数が多く実力がつく一方で体力的にきつい時もありますが、充実感もありやる気のある方にはピッタリの環境かと思います。是非当院で一緒に研修しませんか。お待ちしています。

小児科

小児科修練医
加藤 大吾