理念・基本方針・臨床倫理の指針

理 念

歩み入る人にやすらぎを帰りゆく人に幸せを

基本方針

  1. 患者さんの権利を尊重し、良質の医療を安全に提供します。
  2. 地域中核病院として、高度な急性期医療を担います。
  3. 救急医療に力を尽くし、内外の災害救護に貢献します。
  4. 地域の人々の健康を守り、医療連携を推進します。

臨床倫理の指針

 この指針は、京都第二赤十字病院の理念と基本方針を遵守し、患者権利に関する宣言を尊重し、患者利益を優先すると同時に質の高い医療を提供するため、臨床における倫理指針を定めることを目的とする。

  1. 公平・公正な医療
    患者さんの人権と自己決定権を尊重し、十分なインフォームド・コンセントにより公平で公正な、患者さん及び家族のための最善の医療を行う。
  2. 関係法規の遵守とガイドラインの尊重
    診療に際しては、関係法規を遵守するとともにガイドラインを尊重し、診療の質や医療行為の妥当性を検証する。
  3. 治療方針の決定
    患者さんの信条や生命の尊厳に関する問題については、倫理委員会等において審議を行い、治療方針を決定する。
  4. 臨床研究
    医療の発展のために必要な医の倫理に則った臨床研究を行う。
  5. 個人情報保護
    個人情報の保護に関する法律に則り、患者さんの個人情報を保護し、守秘義務を遵守する。
  6. 情報開示
    必要な医療情報や診療録を規則に従い開示する。
  7. 倫理委員会
    倫理委員会は、当院の職員等が行うヒトを対象とする医療行為、医学・看護研究及び当院で発生した倫理上の諸問題において、科学的に妥当であり、かつ「ヘルシンキ宣言」の趣旨、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針およびこれらに関連する通知等に沿って倫理的配慮が図られているかどうかを審議し、院長へ答申することを目的として設置する。
    >>>倫理委員会規程

外来・入院診療方針

≪外来診療方針≫

わたしたち京都第二赤十字病院は、次の方針により外来診療を行い、同意に基づく最善の医療提供に努めます。

  1. 信頼される質の高い医療を、地域かかりつけ医と連携を図りながら提供します。
  2. 患者さんのプライバシーを尊重します。
  3. 患者さんの立場で(わかりやすく)説明します。
  4. 患者さんの医療行為に対する選択・決定の権利を尊重します。
  5. 患者さんの診療録開示希望を尊重します。
  6. 担当医以外の医師の意見を聞きたいと思われる患者さんの要望を尊重します。

≪入院診療方針≫

京都第二赤十字病院は、次の方針により入院診療を行い、同意に基づく最善の医療提供に努めます。

  1. 急性期の患者さんに高度入院医療、救急入院医療を安全に提供します。
  2. 地域の医療機関、福祉関係機関と連携・機能分担して治療にあたります。
  3. 社会復帰されることを治療目標におきます。
  4. インフォームドコンセントを得て、また、クリニカルパス等を提供して、患者さんもチームの一員として医療に参加しやすい病院づくりに努めます。
  5. 医療事故、医療関連感染の防止に努め、個々の患者さんにあわせた科学的根拠に基づく最善かつ安全・安心な医療を提供します。
  6. 目標達成するための治療計画、治療経過及び治療方針の変更を患者さんに分かりやすく説明します。
  7. 治療にあたっては予定治療法と他の治療法の長所や短所、及び本院の治療成績を患者さんの立場で説明します。
  8. チーム医療に徹するとともに、一人でも多くの患者さんに入院診療を行なえるよう病床の有効的活用に努めます。
  9. 担当医以外の医師の意見を聞きたいと思われる患者さんの要望を尊重します。