かかりつけ医

「かかりつけ医」はお持ちですか?

病気の予防・早期発見には「かかりつけ医」は欠かせません!

◉ かかりつけ医とは

 「かかりつけ医」は、患者さまの身近にあり、いつでも病気の相談を受け、そして丁寧に正確に病状を説明し、また必要なときにはふさわしい医療機関を紹介するなどの役割を担っています。
適切な医療を望むとき、「かかりつけ医」の診療や相談は、大変心強いもの。個人で大病院を直接訪ねる前に、「かかりつけ医」と相談し、意識を持って取り組むことが、より効果の高い治療へとつながります。

◉ かかりつけ医のメリットとは

  1. 受診の手続きも比較的簡単で、じっくり診察してくれる。
  2. 土曜日や夜間でも診療を受けられる。
  3. 入院や検査などが必要な場合、適切な病院・診療科を指示・紹介してもらえる。
  4. 家族の病状・病歴・健康状態を把握しているので、もしもの時に素早い対応をしてくれる。
  5. 食事や運動など、日常の健康管理のアドバイスをしてもらえる。

かかりつけ医ポイント

◉ 医院(診療所、クリニック)と病院の違いとは

医院は通院による治療を、病院は入院による治療を主な目的としています。
 また、近年では病院における機能分化(役割分担)も進み、それぞれの病院において役割が異なることから、それぞれの医療機関が連携(協力)することが重要となっています。
 当院は、地域において高度な医療を必要とする重度の患者さまの治療を行う「高度急性期病院」の役割を担っております。

◉ 病院(特に大病院)には「かかりつけ医」の紹介にて

 病院へ受診する際には、「かかりつけ医」からの紹介状を持って受診することをお奨めします。
 「かかりつけ医」は診察の結果、精密検査やより高度な治療が必要となった場合は、 適切な病院へ紹介します。また、病院へは紹介状(診療情報提供書)を持って受診することで、スムーズに診察を受けることができます。
 当院では、治療により症状が安定した患者さまへは「かかりつけ医」へ紹介させていただきます。普段は「かかりつけ医」にて診てもらい、救急等の際には当院にて診療させていただきます。
 主治医を2人もつようなものとお考えください

紹介状なしに当院に来院されると・・・

①診察までに長時間お待ちいただくこととなり、場合によっては診察をお受けできない事もあります。
②初診料とは別に「初診時選定療養費」(当院では5,000円+(税抜))を保険外にてご負担いただくことになります。

◉ 「初診時選定療養費」とは?

 国(厚生労働省)の病院と診療所の機能分担の推進とかかりつけ医の推奨を図ることを目的として定めた制度であり、他の医療機関からの紹介状(診療情報提供書)なしに「200床以上の病院」において初診で受診した場合、通常の診療費のほか、病院の定めた金額を徴収できるというものです。

◉ 「かかりつけ医」についての相談は

B棟1階⑥「かかりつけ医サポートセンター」にてご相談ください。
「かかりつけ医サポートセンターでは」当院の登録医の先生を中心に地域の先生方の情報を提供しております。
※京都市外等、地域性により提供できる情報が異なることについて、ご了承頂きますよう、お願い申し上げます。

◉ 当院と連携している登録医の先生方

  • 医科(平成29年10月1日現在)
  • 歯科(平成29年10月1日現在)