脳神経内科(神経内科)

診療方針

 脳神経内科は,脳・脊髄・末梢神経・筋肉の疾患の診療を行います.その中でも,当院の救命救急センターに搬入される神経救急患者,特に脳卒中患者を多数診療していることが特徴です(⇒症例数・治療実績).2018年10月1日には脳神経外科と協力して包括的脳卒中センター(⇒)を開設し,脳卒中診療経験を有する脳神経外科医または脳神経内科医が,夜間・休日も院内に常駐して脳卒中の救急搬入に対応しています.脳神経内科では,発症4.5時間以内のアルテプラーゼ静注療法(rt-PA静注療法)に代表される急性期治療と長期脳卒中再発予防に積極的に取り組んでいます.

 外来では,かかりつけ医との連携を推進しており,紹介外来制を原則としています(2018年度地域医療支援病院紹介率60.5%).紹介患者の診断結果は紹介医に報告するとともに,連携医の先生方と共有すべき神経疾患については,釜座脳神経内科勉強会(年1回開催)で報告・ディスカッションしています.

急性期脳卒中診療体制

 全ての虚血性脳卒中(脳梗塞,一過性脳虚血発作)と軽症の出血性脳卒中(脳内出血)は,脳神経内科が担当します.年間約350例の急性期治療を行い,京都府内でも随一の診療実績を有します(⇒症例数・治療実績).発症4.5時間以内のアルテプラーゼ静注療法(rt-PA静注療法)は,2005年秋の認可以来340例以上に行い,約1/3が3ヶ月後に障害のない状態(modified Rankin Scale 0または1)に改善しました.また,近年治療成績が飛躍的に向上したカテーテルを用いた急性期再開通療法は,脳神経血管内治療専門医の資格を有する脳神経内科医と脳神経外科医が協同して行っています.

 ラクナ梗塞やbranch atheromatous disease(BAD)型梗塞などの穿通枝梗塞は,急性期に症状が動揺・増悪して重度の運動麻痺が残存することが少なくありませんが,急性期からの抗血小板療法の組み合わせによる強化抗血小板療法が有用である可能性があり(Yamamoto Y, Nagakane Y, et al. Int J Stroke, 9: E8, 2014.),最近ではアルガトロバン,抗血小板薬2剤,スタチンを併用するスタチン併用多剤抗血栓療法(MACS: Multiple Antithrombotic therapy Combined with Statin)を行っています(永金義成,田中瑛次郎,他.BRAIN and NERVE 70: 557-562, 2018.).

慢性期脳卒中診療体制(脳卒中再発予防外来)

 急性期治療の進歩や,回復期リハビリテーションの充実により脳卒中患者の社会復帰率,在宅復帰率が向上してきていますが,虚血性脳卒中患者の脳卒中再発率は高く,発症後1年で8~10%,5年で18~34%と報告されています.一方,こうした脳卒中再発に対する予防法として,頸動脈内膜剥離術や頸動脈ステント留置術などの外科的治療とともに,危険因子の管理や抗血栓療法などの内科的治療の有効性を示すエビデンスが蓄積されつつあります.エビデンスに基づいた治療を複合的・長期的に行うことにより脳卒中再発は減少すると予想されます.2014年度に虚血性脳卒中で当科に入院した371例の累積脳卒中再発率は,90日で7%,1年で10%,2年で12%,3年で14%でした(第60回日本神経学会学術大会で発表).

 急性期虚血性脳卒中で入院治療した患者は,退院までに再発予防方針を決定し,病状が落ち着いた時期に再びかかりつけ医へ紹介(かかりつけ医がいない場合は逆紹介)しますが,脳卒中再発予防外来でもフォローアップさせていただきます.ここでは脳卒中再発や無症候性脳梗塞・脳出血の確認と,危険因子や頭頸部血管病変の再評価を行い,再発予防方針を見直し,情報をかかりつけ医へフィードバックしています.

症例数・治療実績

症例数・治療実績

  2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
年間神経内科入院数 554 563 561 572 630 640
脳血管障害 375 426 420 437 477 468
  急性期脳梗塞 335 353 336 345 351 390
  急性期脳出血 41 22
  その他 40 73 84 92 85 56
てんかん 29 27 30 31 33 71
脳炎、髄膜炎 14 19 16 17 15 10
末梢神経疾患 14 14 12 20 21 9
  免疫性
(ギランバレー、CIDPなど)
10 7 9 6 6 5
  その他 4 7 3 14 15 4
脱髄性疾患
(多発性硬化症など)
4 6 8 3 10 0
内科疾患に伴う神経疾患 10 6 3 10 12 6
神経変性疾患
(パーキンソン病、脊髄小脳変性症)
47 19 12 19 12 14
運動ニューロン病 2 3 1 1 3 5
筋疾患 7 6 14 2 7 6
脊椎・脊髄疾患 11 7 8 4 3 1
腫瘍性疾患 7 1 0 4 1 0
その他
(めまい症、一過性全健忘、正常圧水頭症など)
34 29 37 24 36 50


急性期虚血性脳卒中または一過性脳虚血発作入院患者の治療実績(2014~2016年度)

  2014年度 2015年度 2016年度
発症7日以内の入院患者数
(同年の再発入院を除く)
371例 373例 391例
平均年齢 74.1歳 75.8歳 74.5歳
入院時NIHSS,中央値(四分位) 3(1-9) 3(1-6) 3(1-8)
平均在院日数 28日 24日 25日
退院時mRS,中央値(四分位) 2(1-4) 1(0-3) 2(1-4)
3ヶ月後mRS,中央値(四分位) 1(0-4) 1(0-3) 2(0-4)
1年後mRS,中央値(四分位) 1(0-4) 1(0-3) 1(0-4)
死亡率,入院中 3.5% 2.4% 5.4%
死亡率,3ヶ月後 4.3% 4.6% 7.2%
死亡率,1年後 10.2% 8.0% 13.3%
脳卒中再発率,入院中 4.3% 4.0% 4.1%
脳卒中再発率,3ヶ月後 7.3% 6.7% 6.4%
脳卒中再発率,1年後 9.7% 9.4% 9.7%

NIHSS: National Institutes of Health Stroke Scale, mRS: modified Rankin Scale

 

modified-Rankin-Scale3_2017.

臨床研究

 現在,参加している主な多施設共同研究や治験は下記の通りです.その他,急性期虚血性脳卒中の中で,いわゆるbranch atheromatous disease(BAD)型梗塞における進行性運動麻痺については,多数例を通して病態解明の研究,各種治療の試行を行っており,我が国における代表的な成績を出し,国内・海外での学会発表や海外雑誌への論文投稿も精力的に行っています.

  • BAT2研究
     抗血栓療法新時代における脳・心血管疾患患者への経口抗血栓薬の使用実態と安全性を解明する多施設共同観察研究.
  • KOACSレジストリ

     京都地域における経口抗凝固薬服用中の脳卒中患者の多施設共同登録研究.

  • ATIS-NVAF研究
     非弁膜症性心房細動とアテローム血栓症を合併する脳梗塞患者の脳卒中再発予防における最適な抗血栓療法を検討する多施設共同研究.
  • ANAFIE Registry

     非弁膜症性心房細動を有する後期高齢患者における抗凝固療法の実態およびその予後を明らかにする多施設共同登録研究.

スタッフ 

 日本神経学会専門医,日本脳卒中学会専門医を含めて5名の常勤スタッフと1名の脳神経内科修練医,1名の非常勤スタッフの計7名が入院・外来診療を担当しています.日本神経学会教育認定施設,日本脳卒中学会認定研修教育病院にそれぞれ認定されており,毎月1~3名の初期研修医が脳神経内科研修を選択し,常勤スタッフとともに主に入院診療を担当しています.

職 名 名 前 卒業年度 専 門 資 格
部 長 Dr_nagakane201610永金 義成 H7 神経内科
脳卒中
日本内科学会認定内科医・指導医・総合内科専門医
日本神経学会神経内科専門医・指導医・代議員
日本脳卒中学会脳卒中専門医・指導医・評議員
京都府立医科大学臨床准教授
副部長 Hamanaka Dr
濱中 正嗣
H11  神経内科
脳卒中
日本内科学会総合内科専門医
日本神経学会指導医
日本脳卒中学会脳卒中専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医
日本脳神経超音波学会脳神経超音波検査士
医 長 山田 丈弘 H16 神経内科
血管内治療
日本内科学会認定内科医・指導医・総合内科専門医
日本神経学会神経内科専門医・指導医
日本脳卒中学会脳卒中専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
医 長 藤並 潤 H18    
医 長 岸谷 融 H18 神経内科 日本神経学会神経内科専門医・指導医
日本内科学会認定内科医・指導医
医 師 沼 宗一郎 H23   日本神経学会神経内科専門医
日本内科学会認定内科医
医 師 福永 大幹 H27   日本内科学会認定内科医
医 師 清水 夢基 H30    
医 師 村田 翔平 H30