薬剤部

薬剤部で行っている「チーム医療活動」の業務内容についてご紹介します。
 各課の業務内容については、当院ホームページ「診療科・部のご案内→薬剤部」をご覧ください。

チーム医療活動

 外来・入院患者を問わず、医師・看護師・その他のスタッフとともにチーム医療の一員として下記の業務にも携わっています。

  • がん化学療法(化学療法検討委員会)
    当院でのがん化学療法は、全て「化学療法検討委員会」に申請・承認されたプロトコール(手順書)に基づいて実施され、薬剤部ではガイドラインや文献などから、事前にそのプロトコールの安全性・妥当性を入念に検討しています。 調製は、投与量、休薬期間、支持療法、生化学検査結果等を十分チェックした上で薬剤部で無菌的に調製を行ない、投与の際は薬剤師が予め患者さんに十分な説明を行なうことで、がん化学療法の必要性への理解や不安の解消に努め、また副作用に迅速に対応することで「安心・安全」ながん化学療法に貢献しています。
  • 糖尿病教室
    月2回(第1・3木曜日)、外来・入院患者さんを対象に薬剤師による糖尿病教室を開催し、糖尿病の療養についての指導(血糖降下薬の服薬、インスリン自己注射の手技、低血糖の対応方法、副作用のモニタリングなど)を行なっています。 (なお、毎週月・水曜日:栄養士、火曜日:医師、第2・4木曜日:検査技師 が担当しています。)
  • 緩和ケアチーム
    医師、看護師、薬剤師をはじめ多職種のスタッフより構成されています。がん患者さんやそのご家族に対し、身体やこころの痛みと向き合いQOLを改善することを目的に日夜奮闘しています。チーム担当薬剤師としてはオピオイドを含む鎮痛薬の適正使用や副作用管理、終末期の諸症状に対し薬学的見地から介入を行ないます。このように多職種が互いに職能を発揮することで医療の質と安全の向上に寄与しています。
  • ICT(感染)
    感染制御部に出向している薬剤師が中心となり、抗菌薬および消毒薬の適正使用と医療安全の向上に努めています。また、ミーティングや環境ラウンド等を通して他のスタッフと協働で院内における感染対策に取り組んでいます。
  • NST(栄養輸液サポート)
    栄養管理はすべての治療法の基盤です。
    医師、看護師、薬剤師、栄養士その他のスタッフより構成されており、「口から食べる」を目標に、「静脈栄養」→「経腸栄養」→「経口摂取」へと栄養療法を進めています。患者さんの栄養状態を評価し、適切な輸液・経腸栄養剤を検討し栄養状態の改善に取り組んでいます。
  • 褥創回診
    医師、看護師、薬剤師、栄養士からなるチームで、褥創(床ずれ)がある全ての患者さんに対し、悪化防止・治癒促進を図ることを目的として、適切なマットレスの選択や身体の体位、褥創の原因、処置方法の見直しを行なっています。特に局所療法において重要な外用剤の選択や使用方法について薬学的見地から検討、提案を行なっています。
  • クリニカルパス委員会
    診療部門~事務部門までの多職種から構成される委員により、パス作成やバリアンス・アウトカム評価等、パスの運用にかかわる全体の管理を行なっています。
    また、病棟専任薬剤師は各々の診療科のワーキンググループ員としてパス作成における情報提供や薬学的な側面からの評価、アドバイスを行なっています。
  • 病棟薬剤業務
    (1) 入院患者に対する最適な薬物療法の実施による有効性・安全性の向上
    (2) 疾病の治癒・改善、精神的安定を含めた患者のQOL の向上
    (3) 医薬品の適正使用の推進による治療効果の向上と副作用の防止による患者利益への貢献
    (4) 病棟における薬剤(注射剤、内服剤等)に関するインシデント・アクシデントの減少
    (5) 薬剤師の専門性を活かしたチーム医療の推進
    (日本病院薬剤師会、薬剤師の病棟業務の進め方 Ver.1.1より)
    を目的に全病棟に専任薬剤師を配置し、薬歴・服薬・投与状況の確認、処方内容の確認、患者状況の把握と処方提案、患者さんへの指導、副作用のモニタリング、退院時指導などを行なっています。
    また、当該病棟における麻薬や抗精神薬・ハイリスク薬を含む医薬品の適正な保管・管理や、医師・病棟スタッフへの医薬品に関する情報を提供しています。
    さらに、医師の回診、カンファレンスへの参加により、治療方針や患者状態など様々な情報を共有することによって、他職種との連携を強化し、より安心・安全な医療を患者さんに提供するためにチームの一員として、日々努力しています。
  • 薬剤師外来
    外来患者さんの薬物療法の質と安全の向上を推進することを目的に、日々介入を行っています。 インスリンなどの自己注射指導や各種デバイスを用いた吸入指導をはじめ、内服抗癌剤や医療用麻薬を使用されている患者さんに対して薬剤指導を行い、服薬管理の向上、副作用対策、処方確認、医師への支持療法の提案などを通して、医薬品の適正使用、医療安全とQOLの向上に尽力しています。
    また、薬に関する各種相談なども「お薬相談室」と連携して行っています。
  • お薬サポートセンター
    お薬サポートセンターでは、業務の均一化と効率化を目的とし、入院前の術前中止薬スクリーニングと入院時の服薬状況等の確認や持参薬鑑別を行っており、薬学的管理と医療安全の推進に取り組んでいます。 術前中止薬スクリーニングでは、予定手術の延期・中止を回避するために入院前に抗血小板剤、抗凝固剤等の有無を確認しています。該当薬剤がある場合は、医師に休薬指示を確認し、患者さんに説明することで休薬不足による手術延期の回避に貢献しています。
    また、入院時に直接患者さんに服薬状況等を確認し、持参薬鑑別を実施することにより、用法・用量や代替薬の情報提供、服薬計画の提案等を行い、チーム医療の担い手として多職種と連携・協働し、医療の安全・質の向上に寄与しています。
  • 配薬カート
    当院では、入院患者さんへの内服薬の配薬について、持参薬との重複や併用薬、休薬や再開の指示が守られているか、間違いなく患者さんに配薬されているかなどをチェックするために配薬カートを導入し、病棟看護師と協働して医療安全の質の向上に努めています。
    配薬セットは、薬剤部配薬調剤室において薬剤師がセットを行っています。現在は病棟を限定していますが、状況を見ながら対象病棟を拡大していく予定です。