安全の取組み

ご覧になりたい所をクリックして下さい、ジャンプします。

医療安全推進室

  医療における安全確保は地域支援・急性期病院を目指す本院では重要課題です。 平成18年度から医療安全推進室を設置し、患者様や職員の安全管理に努めております。

【主な活動内容】
  1. インシデントレポートの分析と対策
  2. 医療安全に関する職員研修の実施
  3. 患者相談窓口の担当者と連携した患者様やご家族の相談・支援

安全対策活動

● PDAによる注射薬の患者誤認防止
saf_img01
saf_img02

病棟はリストバンドと注射のバーコードを照合し認証します。

saf_img03

外来はリテラによる薬剤管理で薬を取り出す時、音声で薬剤名を教えます。
看護師が1人でもダブルチェックできるシステム。

● 安全ラウンド

saf_img04

セフティーマネジャーによる部署巡回を行い、
薬剤や器械が安全に整備され、管理できているか指導します。

京都第二赤十字病院 医療関連感染対策指針

 当院は、患者および職員に安全で快適な医療環境を提供することを目的として、感染防止および感染対策に取り組むための基本的な考え方を以下の通り定めています。

  1. 医療関連感染対策に関する基本的な考え方

     当院は、医療関連感染の防止に心がけるとともに、万一感染症が発生した際には、速やかにその原因を特定し、感染が拡大しないように対策を講じて終息を図り、病院の理念に基づいた医療を提供できるように努めます。

  2. 医療関連感染対策のための委員会等の組織に関して
    1. 感染制御部の設置
      医療関連感染対策に関する病院全体の問題点を把握し、改善策を講じるなど感染対策活動の中枢的な役割を担うために、病院組織として感染制御部を設置します。
    2. 医療関連感染対策委員会および感染対策チームの設置

     既に院内の各部門からの代表者で構成する医療関連感染対策委員会(ICC)と感染対策チーム(ICT)を設置していますが、今後は感染制御部と協働して医療関連感染対策を院内に周知し迅速に実行します。

  3. 医療関連感染対策のための職員研修に関して

     医療関連感染防止の基本的な考え方および具体的な対策について職員に周知徹底するために、業務形態に応じた研修会を開催し、感染防止に対する意識向上を図ります。

  4. 感染症の発生状況の報告に関して

     病院における感染症の発生状況を、定期的に「感染情報レポート」として、病院電子掲示板(病院グループウエア)に掲載して職員に周知するほか、必要に応じて紙面情報として職員に周知し、リアルタイムな情報の共有に努めます。

  5. 感染症の発生時の対応に関して

     感染症患者が発生した際には以下の対応を行い、かつ届け出義務のある感染症患者が発生した際には、感染症法に準じて上京保健センターに報告します。

    1. 通常時の対応
      医療関連感染が発生した際には、担当医は感染制御部に「感染症発生報告書」を提出します。感染制御部は報告書に基づいて感染が拡大しないよう速やかに対策を講じます。
    2. アウトブレイク(院内集団感染)時の対応
       アウトブレイクが発生した際には、発生部署の職員および感染制御部は発生原因を解明し、感染が拡大しないように速やかに対策を講じます。感染制御部はアウトブレイクの状況および患者への対応、再発防止対策などを病院長に報告します。医療関連感染に対して改善した結果は、速やかに全職員へ周知します。また、必要に応じて上京保健センターおよび行政機関と連絡をとり、外部の協力と支援を要請します。
  6. 患者等への情報提供と説明に関して
    1. 本指針を院内掲示板や病院ホームページで公開し、患者または家族が閲覧できるものとします。
    2. 医療関連感染防止のために、患者および家族に感染防止の意義や手洗い、マスク着用などの基本的な内容について説明し、理解を得たうえで協力を求めます。
  7. 医療関連感染対策の推進に関して

     医療関連感染の具体的な実施方法に関しては、別に「医療関連感染対策マニュアル」を作成し、全職員に周知徹底を図ります。マニュアルは必要に応じて見直し、医療関連感染対策の推進を図ります。  職員は自らが医療関連感染の原因とならないように、定期健康診断を年1回以上受けて、健康管理に留意します。

平成22年7月 初版
平成22年12月 改訂