整形外科

診療方針(特色)

救命センターを受診する重篤な外傷などの急性期疾患から、近隣の先生方を中心に遠方からも紹介を受ける慢性疾患まで幅広い症例の治療を行っています。

  1. 関節外科 股関節では人工股関節の手術進入法に前方進入法を用いることで、術後の筋力低下や脱臼の防止に努めています。股関節鏡を用いての関節唇損傷の治療を行っています。膝関節では人工膝関節手術にナビゲーションシステムも導入しています。
  2. 手の外科・末梢神経外科 上肢の骨折・脱臼・靭帯損傷などの治療、肘部管症候群・手根管症候群などの末梢神経障害の加療を行っています。新たな関節鏡システムを導入し、手関節・肘関節疾患の関節鏡視下手術も行っています。
  3. 関節リウマチ 一人一人の患者さんの病態とライフスタイルにあわせて、数多くの治療方法の中から最善の治療を選択しています。早期診断のために超音波検査やMRIを行い、認可されている全ての生物学的製剤や免疫抑制剤を中心にして薬物治療を行います。関節の痛みが強い場合には、副作用に留意しながらのステロイド剤関節内注射や、内視鏡手術・関節形成手術を行っています。
  4. 脊椎・脊髄外科 独自に開発した顕微鏡による小侵襲手術法により骨を切除する量、筋肉への侵襲、出血量を軽減しています。術後安静期間や在院日数を短縮し、基本的にカラーやコルセットによる外固定は必要ありません。
  5. 肩関節外科 関節鏡を用いて低侵襲に、腱板損傷・反復性肩関節脱臼の手術を行っています。
  6. 外傷外科 四肢・脊椎・骨盤の骨折や脱臼に対して早期手術を施行し、急性期リハビリテーションを提供しています。
  7. 骨粗鬆症 高齢者における転倒などの軽微な外傷による骨折の多くは骨粗鬆症が原因です。骨粗鬆症になると治癒は困難なので予防が大切です。ビスフォスホネート剤(骨吸収阻害剤)が改良され、新たなSERM剤(選択的エストロゲン受容体モジュレーター)が開発されて、さらに強力な骨形成剤であるPTH(副甲状腺ホルモン)も使用できるようになりました。各症例の病態に合わせて使い分けています。

症例数・治療実績

  2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
新患患者数 4154人 3844人 3878人 3286人 3337人
外来患者数(1日平均) 169.8人 171.7人 168.7人 163.7人 170.7人
新入院患者数 879人 895人 932人 992人 1114人
手術症例(1年間) 991例 966例 1070例 1113例 1250例
人工関節手術 165例 152例 143例 163例 187例
脊椎脊髄手術 80例 79例 87例 95例 101例
骨折手術(非観血除く) 408例 438例 542例 487例 524例

患者さんへ

 整形外科は骨・関節・靱帯などの運動器の健康を守る専門の診療科です。当院では各種の整形外科疾患に対応する多くの専門医と最新の診療機器を有しており、高度かつ良質な医療を患者さんに提供しています。整形外科領域の最近の手術治療は低侵襲、小侵襲手術が主流であり、当科においてもこれめざしています。日下部の変形性股関節症に対する関節鏡視下関節形成術や八田の脊椎外科における筋肉温存型腰椎椎弓間除圧術は小侵襲手術として、それぞれの専門学会においても高い評価を得ています。

スタッフ

職 名 名 前 専 門 資 格
院 長 Dr_kusakabe 日下部 虎夫 小児整形外科
股関節外科
外傷外科
スポーツ整形外科
日本整形外科学会専門医
日本小児整形外科学会評議員
日本股関節学会評議員
日本人工関節学会評議員
日本骨折治療学会評議員
日本生体電気刺激研究会幹事・監事
日本小児股関節研究会幹事
日本体育協会スポーツ認定医
京都府医師会スポーツ委員会委員長
京都府立医科大学臨床教授
同志社大学非常勤講師
部 長 奥田
奥田 良樹
手の外科
肘の外科
リハビリテーション
日本整形外科学会専門医・代議員
日本リハビリテーション医学会指導医・専門医
日本整形外科学会リウマチ専門医
日本手外科学会専門医・代議員
日本整形外科学会脊椎脊髄登録医
京都府立医科大学臨床教授
副部長

リハビリ
テーション科
部長兼務

Dr_taka.yamazaki山﨑 隆仁 関節リウマチ
スポーツ整形外科
リハビリテーション
日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会指導医
日本体育協会スポーツ認定医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
副部長 Dr_hatta八田 陽一郎 脊椎脊髄外科 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄登録医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会幹事
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
副部長 福井 康人 股関節 日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
医 長 松木 正史 手の外科
肘の外科
日本整形外科学会専門医
医 長 谷口 有希子   日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会スポーツ医
日本整形外科学会リウマチ医
医 長 平井 直文 膝の外科 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会スポーツ医
医 師 野々村 卓 脊椎脊髄外科 日本整形外科学会専門医
医 師 近藤 寛美    
医 師 市野 義信    
医 師 井上 聡志    
医 師 足立 啓    

外来当番表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1診
新患
山﨑
松木
平井
福井
近藤
足立
奥田 良樹
松木
野々村
谷口/PM:立入
平井/PM:近藤
市野
八田
谷口
野々村
2診
再来
八田(脊椎)
福井(股関節)
※福井は予約のみ
平井
(膝/スポーツ)
福井
(股関節/人工関節)
野々村
(脊髄/脊椎)
市野
3診
再来
奥田 良樹
(手/末梢神経)

谷口(足)

近藤 八田(脊椎・脊髄)
PM:松本(手)
井上
4診
再来
足立 山﨑
(リウマチ/スポーツ)
日下部
(小児/股関節)
山﨑
(リウマチ/スポーツ)
松木
(手/末梢神経)