放射線診断科

はじめに

 放射線診断科は、単純X線写真、CTやMRI、核医学検査を含む放射線画像診断を行うとともに、画像ガイド下で行う局所治療であるインターベンショナルラジオロジー(IVR)を専門とする部門です。
 当院は日本医学放射線科学会、日本核医学会、日本IVR学会の専門医修練施設です。

診療方針

 当院では単純X線写真、CT、MRI、核医学検査、骨塩定量検査などの画像検査を行っており、CT2台、MRI2台、SPECT装置2台が稼働しています。常勤医師7名、放射線技師34名、看護師、コメディカルにより、画像診断や血管内治療を実施しています。放射線診断専門医が画像診断レポートを作成し、精度の高い診断を早く臨床に生かすことを心がけています。また、血管造影装置を用いた血管内治療やCTガイド下IVRなども精力的に行っています。
 診断・治療にかかる医療機器はこちら>>>

症例数・治療実績

  2017年 2018年 2019年 2020年
一般撮影(件) 81,105 81,201 81,530 75,922
X線透視(件) 3,879 4,052 3,876 3,831
血管造影(件) 2,366 2,398 2,281 2,230
マンモグラフィー(件) 2,695 2,734 2,764 2,322
CT(件) 30,348 31,413 32,463 32,425
MRI(件) 11,762 11,273 12,346 12,203
RI(件) 1,873 1,897 1,751 1,491

連携病院・開業医の先生方へ

 昨年度より320列CTの稼働を開始いたしました。また、従来からの骨塩定量検査、1.5T MRIおよびSPECT検査も提供しております。
 当院では、ご紹介いただいた内容に沿って常勤の放射線診断専門医が最適な検査プロトコールを指示して検査を実施し、画像診断を行います。画像診断報告書は、画像データと合わせて返送いたします。
 検査プロトコールの立案から、撮影、診断に至るまで、質の高い放射線診療の提供を心がけています。

 高度医療機器共同利用のご案内について>>>

スタッフ

職 名 名 前 卒業
年度
専 門 資 格

部長
放射線治療科
部長

matsushima dr松島 成典

H12   日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本核医学会核医学専門医
日本核医学会PET核医学認定医

副部長

miura
三浦 寛司

H15   日本医学放射線学会放射線診断専門医・研修指導者
日本インターベンショナルラジオロジー学会IVR専門医
日本脈管学会脈管専門医
日本がん治療認定医機構認定医
医 長 永野 仁美 H18   日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本核医学会専門医
医 長 山田 幸美 H18   日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本核医学会専門医・指導医・PET核医学認定医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会検診マンモグラフィ読影認定医
医 師 金森 千佳子 H22   日本医学放射線学会放射線診断専門医
医 師 河上 享平 H26    
医 師 安村 俊宣 H29    

スタッフ(診療放射線技師)

診療放射線技師(常勤正職員) 34名

●資格一覧

認定資格名称 取得人数
第一種放射線取扱主任者 (国家資格:文部科学省)   7名
検診マンモグラフィ撮影診療放射線技師
(マンモグラフィ検診精度管理中央委員会)
5名
放射線治療専門放射線技師
(日本放射線治療専門技師認定機構)
3名 
放射線治療品質管理士 (放射線治療品質管理機構) 3名 
 X線CT認定技師 (日本X線CT専門技師認定機構) 6名 
 肺がんCT検診認定技師 (肺がんCT検診認定機構) 3名 
 血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師
(血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師認定機構)
3名 
 救急撮影認定技師 (日本救急撮影技師認定機構) 4名 
 JPTECプロバイダ (JPTEC協議会) 1名 
 ICLS (日本救急医学会) 3名 
 日本DMAT隊員 1名 
 京都DMAT隊員 1名 
 磁気共鳴専門技術者 (日本磁気共鳴専門技術者認定機構) 1名 
 核医学専門技師 (日本核医学専門技師認定機構) 3名 
 医療情報技師 (日本医療情報学会) 6名 
 医用画像情報専門技師
(日本医用画像情報技師共同認定育成機構)
2名 
 胃がん検診専門技師 3名 
 放射線機器管理士 (日本放射線技師会) 6名 
 放射線管理士 (日本放射線技師会) 6名 
 臨床実習指導教員 (日本放射線技師会) 4名 
 医用画像情報精度管理士 (日本放射線技師会) 5名 
 医療環境管理士 (医療福祉検定協会) 1名