医療機器

●血管造影X線診断装置(アンギオ装置)

Azurion

 2021年3月にPHILIPS(フィリップス)社製血管造影X線診断装置「Azurion」が導入されました。この装置は安全性と効率を考慮し、検査室内の機器情報を1つのパネルに表示してスマートフォンやタブレット端末のように直感的に操作ができます。
 また、今までできなかった検査中の画像処理や解析などの平行作業が可能になり手技時間が短縮されました。さらに、医師や部門、目的ごとに設定していた手技の準備もワンタッチで行えるため準備時間も短縮でき安全で効率の高い検査ができます。このように施術全体の時間が短縮されるので治療を受ける患者様の負担が軽減され、さらに多くの患者様が治療を受けることができます。
 従来装置でも被ばく線量低減と高画質の両方が実現されていましたが、この装置では拍動する冠動脈に追従するロードマップや、透視画像上でのステント強調画像表示、直近の画像を利用してX線を出さずに次のポジショニングの準備が行えるなど最新テクノロジーによって造影剤の使用量を抑えるとともに、更なる被ばく線量の低減と高画質の維持を実現しています。

 
● 超軽量移動型デジタルX線撮影装置

 平成29年8月15日、救命救急センターに配備している「移動型デジタルX線撮影装置」を更新しました。一般社団法人日本損害保険協会寄附金(自動車損害賠償責任保険運用益助成金)による平成29年度交通災害等救急医療機器整備事業の補助により購入したものです。
 従来の機器に比べ、ボディサイズが大幅ダウン(全長:1,220mm → 770mm 総重量:460kg → 90kg)し、ベッドサイドの最適な位置に素早くアプローチが可能となる等、放射線技師の負担軽減に繋がっています。

X-Ray

 

 

● 内視鏡システム                    

 平成29年8月29日、救命救急センターに配備している「内視鏡システム」を更新しました。一般社団法人日本損害保険協会寄附金(自動車損害賠償責任保険運用益助成金)による平成29年度交通災害等救急医療機器整備事業の補助により購入したものです。
 「HQ画質」の高精細画像により微細な血管・粘膜等をリアルに再現し、また「通常観察」と「近接拡大観察」をボタンひとつで切り替え可能な機能を搭載し、容易に高精細な画像が得られます。

endoscope