緩和ケアチーム

● 緩和ケアチームの活動方針

 当院は急性期病院であり、診断と同時に手術療法・化学療法・放射線療法といった治療をうけ、病気や治療からくる苦痛にたいする症状緩和が必要な患者さんが多数おられます。私たちは、治療を継続しながら今おかれている現状や病状を正しく把握し、早期の社会復帰や生きがいを見出すためのサポートに重点を置いた緩和医療が必要と考えています。そのためがんの初期の段階から継続した緩和ケアを提供し、地域病院、ホスピスとの連携、在宅への支援と同時に、何かあれば支えとなれる急性期病院の役割を果たしながら継続した治療・ケアが提供できるよう、各分野の知識を集結してサポートしています。

● 緩和ケアのあり方
  1. 基本的姿勢
    すべての患者さんに公平に耳を傾け、疾患、治療に伴う苦痛に対し、優しさと配慮をもった対応を心がけています。
  2. 緩和ケアの導入
    1. 患者さんのためのケアであること
      患者さん・家族の方のニーズを知り、自己決定を支援することを優先します。医療者の価値観が先行しないように努めます。
    2. チーム医療であること
      患者さんと家族の方の意向が異なる場合や、患者さんの意思が確認できない場合など、慎重に対応します。終末期の鎮静、延命治療など倫理的問題を含むものなどは多職種でのミーティングを持つなどして冷静に判断いたします。
    3. 緩和ケアにおける当院での可能性と限界の理解
      苦痛の積極的緩和を行い、あくまでも患者さん・家族の方がどのように過ごされたいか自己決定をされた上で、その実現に向けて支援するものです。人的・物的環境の問題は緩和病棟をもつ施設とは異なりますが、そのような環境が得られなくとも当院を選択された患者さん・家族の方のニーズは何かを理解して関わります。
      kanwa badge