放射線治療科

患者さんへ

 がんの3大治療法のひとつである放射線治療に特化した診療科です。放射線治療は患部を切除することなく治療が可能なため、身体の機能や形態の温存に優れています。また一般に体への負担が少ないため、高齢者や合併症を有する方などへの適応も広い治療になります。
 当科では最新の放射線治療を提供するとともに、院内各科・連携病院と協力しながら集学的がん治療に力を注いでいます。院外からご依頼の場合は、主治医より地域医療連携係にご連絡をお願いしております。  

診療内容

 腫瘍の消失あるいは症状緩和などを目的として、あらゆる部位の腫瘍に対して、放射線治療を行っております。近年進歩の目覚ましい放射線治療ですが、当院でも最新の放射線治療を提供できるよう取り組んでおります。当院で行っている高精度放射線治療についてご紹介します。

1)画像誘導放射線治療:IGRT(Image-Guided Radiation Therapy)
放射線治療では、放射線を正確に腫瘍に照射することが大切です。当院では治療直前に、治療装置に付随した位置合わせ用のX線装置を用いて腫瘍位置を正確に把握し、高い精度で放射線治療を行うことが可能です。

2)体幹部定位放射線治療:SBRT(Stereotactic Body Radiation Therapy) rt01
 ミリ単位の高い精度で病巣に対して多方向から放射線を集中投与する方法です。一般に1~2週間など短い期間で高線量を処方し、高い効果が認められている治療になります。小さな肺腫瘍、肝腫瘍などが主な対象になります。

 

 

3)強度変調放射線治療:IMRT(Intensity-Modulated Radiation Therapy) rt02
 複雑な腫瘍形状に合わせて線量分布を形成する治療法です。様々な腫瘍に対して用いられますが、特に転移のない前立腺癌治療においてはその有用性が広く知られています。周囲の正常臓器の線量を最小限にすることが可能なため、副作用の低減が期待できます。

診療実績

2015年
 新規患者数 217人

 再来患者数  33人

原発巣別

原発巣 患者数
 脳・脊髄腫瘍  11
 頭頸部腫瘍  23
 食道腫瘍    8
 肺・気管・縦隔腫瘍  56
 乳癌  33
 肝・胆・膵癌  12
 胃・小腸・大腸癌  18 
 婦人科腫瘍  11 
 泌尿器腫瘍  25 
 造血器リンパ系腫瘍  18
 良性疾患    2

 

スタッフ

職 名 名 前 専 門 資 格
部長
放射線診断科部長兼務
藤田 藤田 正人 画像診断
IVR 
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
日本インターベンショナルラジオロジー学会IVR専門医
副部長 kodaniDr小谷 直広 放射線治療 放射線科治療専門医日本医学放射線学会研修指導者
医 師 立川 琴羽   日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医
日本医学放射線学会放射線治療専門医

外来当番表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
新患

小谷・立川

小谷・立川 小谷・立川 小谷・立川 小谷・立川
再来