病理診断科

診療方針

 病理診断科では、病理組織診断(生検、内視鏡切除検体、手術切除検体、術中迅速凍結検体)、細胞診断、病理解剖、臨床各科とのカンファレンス、抗がん剤の効果予測や癌遺伝子パネル検査への対応などを行っています。
 現在当科には3人の常勤病理医がいて、いずれも病理専門医および細胞診専門医であるとともに、原則相互にダブルチェックをし、診断精度を高めるよう努めています。また、それぞれがサブスペシャリティを有し、日々研鑽を行っていますが、さらに診断困難例では近隣にあります京都府立医大病院病理部や他施設のエキスパートにコンサルトしています。
 病理診断は最終診断となることが多く、その後の治療方針や治療効果判定に対し重要な役割を示します。患者さんと直接する機会はほとんどありませんが、当院を裏方として支える診療になくてはならない存在として鋭意努力しています。

症例数

  2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
病理組織診断
(うち術中迅速診断)
9,538
(228)
9,530
(187)
9,495
(153)
9,678
(173)
8,928
(126)
9,038
(149)
8,026
(186)
8,174
(174)
細胞診診断 8,879 8,832 8,933 8,432 8,444 8,219 7,960 7,374
剖検 18 16 6 18 9 11 9 9

患者さんへ

 病理診断は患者さんの治療方針の決定や治療効果の判定に欠かせないものです。患者さんと直接接することはありませんが、臨床医を通じて患者さんのお役に立てるように仕事をしています。

スタッフ

職 名 名 前 専 門 資 格
部 長 Dr_yasukawa2022安川 覚 診断病理全般・消化器病理 

日本病理学会病理専門医・研修指導医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医・教育指導医
京都府立医科大学臨床准教授

医 師 西村 綾子  診断病理全般・腎病理 日本病理学会病理専門医・研修指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
医 師 金居 李紗  診断病理全般・血液病理 日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医