呼吸器内科

診療方針

呼吸器疾患全般の診断と治療を行っています。

特色・症例数・治療

 当科では肺癌、肺炎、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺疾患などを呼吸器疾患全般の診断と治療をおこなっています。
 当科は日本呼吸器学会認定施設、日本呼吸器内視鏡学会認定施設であり、最新の医療情報をアップデートしながら、患者さんに最善の治療が提供できるようスタッフ一同診療に励んでいます。
 特に肺癌については、年間取り扱い件数は194例(疑いを含む)、延べ入院数は307例(2015年院内がん登録より)であり、年々増加傾向にあります。毎週月曜、呼吸器外科、放射線治療科と合同の症例検討会をおこなっています。治療方針は最新の肺癌治療ガイドラインをもとに決定することが多いですが、合併症や患者さんの社会的背景や希望などからガイドライン通りに治療を進めることが困難な症例も少なからずあり、各方面から意見を出しあい、患者さんにとって最善の治療が提供できるよう心がけています。
 当院は3次救急病院であることもあり、重度の呼吸不全で救急外来に来られる患者さんも多く、また、近隣の医療機関から治療に難渋しておられる症例を多くご紹介いただいています。出来るだけ多くの患者さんに適切な治療が行えるよう今後とも努力していきたいと考えております。
 なお、一時休止していました睡眠時無呼吸症候群の診断に必要な検査も実施可能となりました。

連携病院・開業医の先生方へ

 呼吸器疾患全般を対象として診療に当たっております。
本科は連携病院や開業医の先生方との連携を大切に考えております。ご紹介いただいた患者さんは、当科での検索・治療が終わりましたら、再度地域の先生方に診療をお願いするように致しております。その際、患者さんの容態に変化がございましたら、また受診させて頂ければ幸いです。連携を密に対応させていただきたいと考えております。

スタッフ

職 名 名 前 卒業年度 専 門 資 格
部 長 Dr_kubota久保田 豊 H5 呼吸器病学 日本呼吸器学会指導医・専門医
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医

医 長 長谷川 功 H10   日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
医 師 山本 千恵 H22   日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本内科学会認定内科医
医 師 古谷 渉 H24   日本内科学会認定内科医 
医 師 久野 はるか H26