呼吸器内科

診療方針

 当科は肺癌などの呼吸器悪性腫瘍や間質性肺炎を中心とした難治性疾患を専門的に診療するとともに、基幹施設として気管支喘息やCOPD、細菌性肺炎、胸膜炎・膿胸、自然気胸など頻度の高い呼吸器疾患の診療も行っています。

特色・症例数・治療

 当科は日本呼吸器学会認定施設として、呼吸器悪性腫瘍(肺癌、悪性胸膜中皮腫、胸腺上皮性腫瘍など)、間質性肺炎(特発性肺線維症、非特異性間質性肺炎、特発性器質化肺炎、膠原病肺など)を中心とした難治性疾患を専門的に診療しています。治療方針については、毎週、呼吸器合同カンファレンス(呼吸器内科・呼吸器外科・放射線診断科・放射線治療科)、呼吸器内科カンファレンス、回診など複数回の検討を重ね、最新の医療情報をアップデートしながら、患者さんにより良い治療が提供できるようスタッフ一同努力しています。
 肺癌の診療はこの20年で劇的な変化を遂げ、IV期の患者さんも、EGFR・ALK・ROS1・BRAFなどの遺伝子変異/転座を検索して適切な分子標的薬を選択し、それらの適応がない場合には複合免疫療法(細胞障害性抗がん剤と免疫チェックポイント阻害薬の併用)などを行うことにより長期生存が期待できる時代になりました。当科には肺癌診療ガイドラインの委員も在籍しており、最新の治療を提供できます。また、肺癌による中枢気道狭窄はQOLを低下させるため、必要に応じて軟性気管支鏡下に金属ステント(Ultraflex™など)の留置も行っております。
 間質性肺炎に対しては、気管支鏡を含めた精査によって適切に診断を行い、特発性肺線維症では抗線維化薬を、その他の疾患では病態に応じて免疫抑制療法(ステロイド、免疫抑制剤)を導入することで予後が改善します。
 また、難治性喘息に対しては、呼気NO、血中抗原特異的IgE抗体、末梢血中好酸球数などを考慮して、生物学的製剤(オマリズマブ、メポリズマブ、ベンラリズマブ、デュピルマブ)を選択し、必要に応じて局所麻酔下で気管支鏡を用いた気管支サーモプラスティ(熱形成術)も行っております。
 特に、肺癌は2019年度で231例と、年々増加傾向にあります。肺癌診療ガイドラインを指針として、合併症や患者さんの社会的背景、ご希望などからガイドライン通りに治療を進めることが困難な場合にも、呼吸器合同カンファレンスで各方面から意見を出しあい、個々の患者さんにとってより良い治療が提供できるよう努めています。
 当院は3次救急病院であり、重度の呼吸不全で救急外来に紹介される患者さんも多く、より良い治療が行えるよう今後とも努力して参ります。
 なお、睡眠時無呼吸症候群の診断に必要な検査、治療も行っています。

  2017年度 2018年度 2019年度
初診紹介患者数 637人 612人 750人
新規入院患者数 873人 870人 961人
気管支鏡件数 264件 272件 326件
肺癌(人数) 222人 220人 231人
間質性肺炎(人数) 76人 82人 87人

連携病院・開業医の先生方へ

 当科は難治性疾患を中心として、呼吸器疾患全般を診療しております。
 地域の連携病院や開業医の先生方からご紹介頂いておりますが、難治性疾患などは京都府南部(宇治市、城陽市など)や北部(亀岡市、舞鶴市など)からもご紹介頂いており、2019年度の初診紹介患者数は前年度から100人以上増加して750人になっております。
 呼吸不全、間質性肺炎急性増悪、細菌性肺炎、胸膜炎、気胸などの急ぐ病態では、初診外来の時間外でも救急当番が対応させて頂きますので、ご遠慮なく地域医療連携課へお申し付け下さい。
 ご紹介頂いた患者さんは、当科での精査・加療が終わりましたら、再度、地域の先生方に診療をお願いするように致しております。その後、患者さんの状態に変化がございましたら、またご紹介頂ければ幸いです。

スタッフ

職 名 名 前 卒業年度 専 門 資 格
部 長 TakedaDr竹田 隆之 H12 肺癌、間質性肺炎、
呼吸器一般
日本呼吸器学会  専門医・指導医
日本内科学会  指導医・総合内科専門医
日本肺癌学会  肺癌診療ガイドライン作成委員
日本がん治療認定医機構  がん治療認定医
肺がんCT検診認定機構  認定医
日本プライマリ・ケア連合学会  指導医
日本医師会  認定産業医
医 長 廣瀬 和紀 H26 肺癌、間質性肺炎、
気管支鏡、呼吸器一般
日本内科学会  認定内科医
医 師 小倉 由莉 H27 肺癌、間質性肺炎、
気管支鏡、呼吸器一般
日本内科学会  認定内科医
医 師 杉本 匠 H28 肺癌、間質性肺炎、
気管支鏡、呼吸器一般
 
医 師 谷 望未 H28 肺癌、間質性肺炎、
気管支鏡、呼吸器一般
 
医 師 片岡 伸貴 H30 肺癌、間質性肺炎、
気管支鏡、呼吸器一般