小児科

診療方針

 市内基幹病院の小児科として、地域の信頼に応え、子どもや保護者に寄り添い、子どもが健全に育つことを常に支援する立場に立った診療を心がけています。
小児救急医療の充実のため、小児科医が24時間365日常駐し、かかりつけ医である開業医の先生方からの入院依頼や救急隊からの搬入要請に随時対応できるような体制をとっています。
 外来診療では一般小児科の診察に加えて、小児神経外来(けいれん性疾患、発達障害、在宅医療、頭痛、起立性調節障害など)、循環器外来(先天性心疾患、不整脈、川崎病など)、アレルギー外来(気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎など)、腎臓外来(腎炎、ネフローゼ、蛋白尿・血尿など)、代謝・内分泌外来(糖尿病、低身長、甲状腺疾患、肥満など)、血液腫瘍外来、新生児フォローアップ外来などの専門外来を設置しています。さらに、必要に応じて各種検査入院予約も可能です。また、希望される方には乳幼児健診、予防接種の予約枠も設けています。

症例数・治療実績

・当院小児科の診療実績(平成22年~27年)

  小児科外来患者数 小児科入院患者数
  時間内 時間外 合計 時間内 時間外 合計
平成22年 21,306 5,168 26,474 963 725 1,688
平成23年 21,105 5,331 26,436 1,026 815 1,841
平成24年 21,105 5,251 24,902 1,014 872 1,886
平成25年 17,712 4,816 22,528 969 800 1,769
平成26年 17,967 5,165 23,132 1,057 858 1,915
平成27年 18,198 5,008 23,206 970 1,027 1,997

・当院小児科における入院患者の内訳(平成27年1月~12月) ※高次搬送例等を除く

原因 症例数 構成比
呼吸器 821 41.7%
神経 265 13.5%
消化器 198 10.1%
新生児 152 7.7%
アレルギー 135 6.9%
検査入院 99 5.0%
循環器 62 3.2%
49 2.5%
皮膚 47 2.4%
代謝 43 2.2%
外傷・事故 26 1.3%
頚部 25 1.3%
血液 19 1.0%
骨・関節 11 0.6%
先天異常 2 0.1%
原因不詳 2 0.1%
その他 11 0.6%
総計 1,967 100.0%

入院症例の中に感染症が占める割合:1,967名中1,288名(65.5%)

・感染症のために小児科入院となった症例(上位10疾患:平成27年1月~12月)

 頻度順 疾患名 症例数 構成比
1 気管支炎 324 25.2%
2 肺炎 321 24.9%
3 腸炎 147 11.4%
4 熱性けいれん 122 9.5%
5 咽頭炎 104 8.1%
6 クループ性気管支炎 22 1.7%
7 尿路感染症 20 1.6%
8 頚部リンパ節炎 16 1.2%
9 扁桃炎 15 1.2%
10 インフルエンザA(単独) 14 1.1%
11 その他 183 14.2%
 総計 1,288 100.0%

・感染症以外の理由で小児科入院となった症例(上位10疾患:平成27年1月~12月)

順位 疾患名 症例数 構成比
1 てんかん 56 8.2%
2 川崎病 54 8.0%
3 神経・筋疾患(非てんかん) 54 8.0%
4 気管支喘息 51 7.5%
5 アナフィラキシー 42 6.2%
6 TTN 33 4.9%
7 食物アレルギー負荷試験 29 4.3%
8 新生児黄疸 24 3.5%
9 低出生体重児 23 3.4%
 10 ケトン血性嘔吐症 23 3.4%
11 その他 290 42.7%
 総計 679 100.0%

連携病院、開業医の先生方へ

 日頃より先生方には病病連携、病診連携を通じてひとかたならずご厚誼を賜りまして、誠に有難うございます。
 診療方針にも述べましたように、当科では感染症を中心とする急性疾患、小児救急疾患(1・2次救急~3次救急)、小児慢性疾患(神経、循環器、アレルギー、腎臓、代謝・内分泌、消化器、血液など)、新生児疾患、不登校・心因反応など幅広く診療しております。また、各種神経疾患、食物アレルギー、蛋白尿・血尿、低身長の精査(検査入院を含む)、複雑心奇形の術前管理、心臓カテーテル検査、腎生検などが可能で、学校心臓検診病院にもなっております。さらに、当科では院内他科との連携が密であり、どの科に紹介するか迷われる場合は、まず小児科に紹介いただいた上で他科へ対診することも可能です。
 小児科の病棟は小児病棟(C3南病棟、39床)、新生児病棟(A7ベビーセンター、10床)ですが、長期入院になる場合には院内に併設された養護学校(小学校・中学校)での学業継続が可能な環境も整えています。また、小児3次救急疾患(溺水、窒息、急性脳症、ALTE、熱中症など)はICUで集中管理を行い、全身状態が安定した後に小児病棟へ移床するようにしています。
 原則的に、先生方からご紹介いただき入院または外来で精査・加療した患児は病態改善後に逆紹介を行い、先生方に引き続き診療していただくようにしています。
 当科では2006(平成18)年4月より「梅屋小児症例検討会」を3回/年(2月、6月、10月)院内会議室において定期的に開催しており、2016年7月までに開催した検討会は計35回に上ります。本検討会は入院症例から得た教訓や小児科臨床の最新情報を関連病院や開業医の先生方と共有し、患者さんの紹介・逆紹介を通じて今後の連携をより深めていくことを目的とするものです。「梅屋小児症例検討会」にご興味とお時間がおありの先生方は是非ともご参加いただきますようご案内申し上げます。このページの末尾に過去の「梅屋小児症例検討会」の提示症例、特別講演の一覧を資料としてお示しましたので、ご参照いただけると幸甚に存じます。
 また、参考までに2012~2015年の当科医局の業績リスト(著書、総説、原著、プロシーディング、報告書)も併せてお示ししましたので、御笑覧いただければ幸いです。

後期研修を希望される方へ

 平成29年度から小児科専門医研修は、京都府立医科大学小児科の専門研修プログラムにて行います。
 プログラムの詳細は、こちらをご覧ください(京都府立医科大学小児科学教室のサイトへリンクします)。

締めくくりに

 当科では小児科スタッフが子ども本人、保護者の方々と納得できるまで話し合い、スタッフ・子ども・保護者が協力し合ってチームとして病気の治療を進めていくことをモットーとしています。また、入院中には看護師による病気の応急手当の指導も行っています。
 さらに、当科では当院南隣にある京都市子ども保健医療相談・事故防止センター(京あんしんこども館)と連携して子どもの事故防止の指導にも力を入れています。京あんしんこども館(http://www.anshinkodomokan.jp/)には実際の家具を配置して家庭内の様子を再現した「子どもセイフティハウス」があり、子どもの事故がどのようなメカニズムで起こり、どのような予防対策が有効かをスタッフが直接説明してくれます。
 子どもの思いを代弁し、保護者が安心して子育てできる環境を確保し、生命力旺盛な子どもたちの健やかな成長を見守ることは私たち小児科スタッフの使命であるとともに喜びでもあります。

スタッフ

職 名 名 前 卒業年度 専 門 資 格
副院長 Dr_osamura長村 敏生 S57 小児神経
小児救急
事故防止
日本小児科学会小児科専門医・指導医
日本小児神経学会認定小児神経専門医・指導医
日本てんかん学会専門医・指導医
京都府立医科大学臨床教授
日本小児救急医学会理事
日本小児神経学会評議員
日本てんかん学会評議員
日本SIDS・乳幼児突然死予防学会評議員
副部長 Dr_ohmae大前 禎毅 H6 小児神経
小児救急
在宅医療
発達障害
日本小児科学会小児科専門医
日本小児救急医学会評議員
副部長 fujii
藤井 法子
H8 新生児
小児アレルギー
日本小児科学会小児科専門医
医 長 小林 奈歩 H14 小児循環器
川崎病
日本小児科学会小児科専門医
近畿川崎病研究会世話人
医 長 東道 公人 H15 小児腎臓
小児消化器
小児感染症
日本小児科学会小児科専門医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
日本小児栄養消化器肝臓学会認定医
医 師 浅井 大介 H16 小児血液
小児救急 
日本小児科学会小児科専門医
日本血液学会血液専門医
新生児蘇生法専門コースインストラクター
医 師 齋藤 多恵子 H21   日本小児科学会小児科専門医 
医 師 渡辺 幸典 H23    
医 師 加藤 大吾 H25    
医 師 松岡 太朗 H25    
医 師 喜多 優介 H26    
非常勤医師 松尾 敏   代謝・内分泌 日本小児科学会小児科専門医
内分泌代謝科専門医
糖尿病専門医
小児神経専門医
非常勤医師 大野 邦彦   小児腎臓 日本小児科学会小児科専門医
非常勤医師 渡部 玉蘭   神経
アレルギー
育児相談
日本小児科学会小児科専門医

参考