臨床研修管理委員長のメッセージ

臨床研修管理委員長のメッセージ

 当院は「歩み入る人にやすらぎを 帰りゆく人に幸せを」という理念で日々診療が行われています。研修医教育においても、基本的診療能力を習得するだけでなく、医学および医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、医師としての人格を涵養し患者の立場にたって思いやりをもって診療ができる医師を養成しようと努めています。指導医はじめ病院スタッフは、研修医の立場にたって研修医を指導し、研修医が指導者のみならず患者さんから学ぶという姿勢を身に着けることができるように配慮しています。また、当院の研修医は一地方に偏ることなく全国の大学出身者で構成されており、みんなで和気藹藹と研修しています。そして、約3割以上の研修医が後期研修医として当院に残ってくれています。研修医満足度がアップするよう日夜改革に努めていることも強調しておきます。

臨床研修管理委員長 谷口弘毅

 

 

 京都第二赤十字病院は、明治45年に開設された日本赤十字社京都支部常設救護所に始まり、大正15年に日本赤十字社京都支部療院として発足しました。それ以後、90年以上、当院は地域の急性期病院として発展してきました。当院は京都御所の約300m西側という京都の中心に位置しており、周囲には多くの名所旧跡がある大変良い環境にある病院です。
 当院は地域がん診療連携拠点病院であり、また三次救急まで受け入れ可能な救命救急センターを有しているため、研修医にとっては数多くの症例を学ぶことが可能です。当院における歯科医師臨床研修プログラムは2年間となっており、1年目は歯科口腔外科において歯科医師としての基本知識、基本手技の習得を行い、2年目からは麻酔科研修、救命救急センターでの研修も取り入れ、他領域の診療科の疾患についても理解することを目的としております。歯科医師臨床研修医は1名ですが、医科臨床研修医は約20名おり、同じ研修医室で研修内容は異なりますが、同期の研修医として研修生活を送ることができます。近年、周術期の口腔管理の必要性が広く認識されるようになり、歯科医師は今後ますます、他領域の診療科との連携を求められるようになると考えられます。当科での歯科医師臨床研修は今後、社会で求められる多くの疾患に対応でき、他の診療科やメディカルスタッフとも連携し患者さんへの対応ができる歯科医師を育てることを目標としております。

歯科臨床研修管理委員長 西川正典