形成外科

当科で扱う疾患

  1. 皮膚、皮下腫瘍(良性、悪性)
    腫瘍切除後の再建、乳癌術後の再建

    できるだけ目立たない傷跡になるよう再建します。乳房再建も手掛けております。
  2. 顔面、頭蓋、手足の外傷、熱傷
    顔面のケガや骨折、下顎骨骨折に対しできるだけ目立たない傷跡で修復します。
    顔面骨骨折(ふきぬけ骨折を含む)、切断指・デグロービング損傷、熱傷に対し24時間体制で対応いたします。
    陳旧性骨折(鼻骨、頬骨、頭蓋骨など)に対して骨切り術・骨移植術にて整復します。
  3. 下肢虚血性潰瘍、下肢静脈瘤、リンパ浮腫、難治性潰瘍、褥瘡
    当院では形成外科、循環器内科、糖尿病科と連携しフットケアーセンターを設立いたしました。
  4. 顔面神経麻痺
    ベル麻痺、外傷後、脳腫瘍切除後の陳旧性顔面神経麻痺の再建
    神経移植や神経吻合、遊離筋移植による顔面の動きの再建を行います。
  5. 先天奇形
    小耳症、埋没耳、折れ耳などの耳の変形に対し肋軟骨移植や皮弁法などで再建します。
    手足の奇形(合指症、多指症、絞扼輪などの指の数や形の異常)の再建
    唇裂口蓋裂の修正(成長に合わせて段階的に治療)
  6. 眼瞼下垂、爪の変形(陥入爪、巻き爪、外傷後の変形など)、腋臭症
    ほくろ、いぼ、傷跡の悩み、ケロイド

    術後、特殊なテープ等でできるだけ目立たないように治療します。
    ほくろやいぼに関しては、レーザー治療の適応のあるものは当日治療が可能です。
    ご相談ください。

  2017年4月からNCD登録事業に参加しています。  詳しくはこちらから>>>

診療方針(特色)

 形成外科学は体の表面の形、変形、機能低下を対象とし、より正常に近く再建するものです。整形外科との違いは、整形外科は主に骨や関節の障害を治療するのに対し、形成外科は身体の表面の異常、傷跡や組織欠損、それに伴う機能低下などの障害を、より整容的に改善する分野です。組織欠損や神経障害が原因で機能や動きに障害を生じる場合があり、動きや機能的な再建を目的とすることも多くあります。

当院は救急病院であるため、外傷にともなう上記疾患を数多く手掛けております。救命外科や救急隊と協力し、24時間体制で治療にあたります。
患者さんを紹介してくださる開業医の先生方には、迅速に対応させていただきます。医師が直接電話で対応することも可能です。

 顔面外傷、切断指、熱傷による組織損傷・機能低下に対して、傷跡を可能な限り目立たないように組織の復元をめざします。必要な場合は顕微鏡下にて、微小血管(直径1mm以下)の吻合や、神経縫合、遊離組織移植、涙小管吻合、リンパ管吻合などを行います。

 先天異常では、顔面奇形、唇裂口蓋裂の修正、小耳症に対し肋軟骨移植による耳介再建や、多指症・合指症・絞扼輪などの手足の先天異常(指の数や形の異常)に対して整容的機能的再建を行います。こうした症例では小児が多いため年齢や性別を含めて成長の過程を考慮し、組織のダメージを最小限に再建します。

 乳癌切除後では、自家組織(腹部組織や広背筋など)やインプラントを用いて自然な乳房を目指し、再建します。インプラントによる乳房再建は、当院は日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会に加入しており保険適応となりました。

 糖尿病性潰瘍・外傷後の難治性潰瘍・褥瘡の治療には、陰圧創傷治療システム(V.A.C.ATS治療システム)やPRP療法(多血小板血漿注入療法)による最新の治療を併用し早期治癒、社会復帰に努めます。

 重症下肢虚血性潰瘍の治療には、血行再建術が不可欠です。当院では、形成外科、循環器内科、糖尿病科の連携によるフットケアー外来を設立いたしました。これにより下肢大切断を回避することが可能になっております。

 顔面神経麻痺の再建は、程度や時期に応じて筋膜による吊上げ術、舌下神経や頬筋神経、対側の顔面神経との吻合術、神経血管付き遊離筋移植による動きの再建などにて整容的機能的再建を行います。

 眼瞼下垂は、加齢性の場合も含めて肩こりや集中力低下の原因となります。外来手術にて整容的な面も含めて改善をめざします。お気軽にご相談ください。

上記のように、当科が扱う症例分野は多岐に渡ります。
また、年間約800例の手術症例を手掛け、24時間の救急対応を取っております。
患者の皆さまにおかれましては当科へ受診された場合には治療計画、説明から治療後のアフターケア、リハビリまで最善の努力を尽くします。

まずはご相談ください。

スタッフ

職 名 名 前 専 門 資 格
部 長 Dr_kigima201610貴島 顕二 顔面神経麻痺・頭頚部・乳房再建
顔面骨骨折・切断指・頭蓋再建
先天奇形(小耳症・手足の奇形・唇裂口蓋裂など)
良性・悪性皮膚腫瘍・肥厚性瘢痕 眼瞼下垂
リンパ浮腫
日本形成外科学会専門医・領域指導医
脳神経外科専門医
日本形成外科学会皮膚腫瘍外科分野指導医
日本創傷外科学会専門医
医 長 杉本 佳陽 顔面骨骨折・切断指・下腿潰瘍・フットケアー
先天奇形(小耳症・手足の奇形)
良性・悪性皮膚腫瘍・肥厚性瘢痕 眼瞼下垂
日本形成外科学会専門医
医 師 金 晴惠 形成外科一般 四肢再建
レーザー
 
医 師 矢持 良    

外来当番表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1診 AM        
2診 AM 杉本 貴島 担当医 担当医  貴島
PM