産婦人科

産婦人科でご入院される方へ

診療方針

産科・周産期は、多胎や合併症妊娠等のハイリスク例を数多く取り扱い、院外からの母体搬送の受け入れも小児科・ベビーセンターと密接に連携し対応しています。産科では、総合病院である当院で求められる役割としての「ハイリスク分娩を安全に出産する」ことを目標としつつも、妊婦さんの要望に応えるため、緩和分娩を導入しました。
 婦人科の悪性腫瘍に対しては、学会作成の治療ガイドラインに則り、進行期に応じて他科と連携した集学的治療を行い、患者さんのQOLも重視した治療を行っています。2016年から子宮体がんに対する腹腔鏡下手術も導入しています。
 子宮・卵巣の良性腫瘍に対しては、内視鏡手術を積極的に取り入れており、京都府下でも高い症例数を保っています。高い技術を要する腹腔鏡下子宮全摘術も多数行っております。
 内視鏡手術を受けられる方が増加しており、2012年4月から内視鏡外来を開設しています。
 不妊・内分泌治療も個々の患者さんのニーズに合わせて行っています。

分娩・手術症例数

主な診療実績 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
婦人科
良 性 内視鏡手術 257  296 288 255  249
腹腔鏡 腹腔鏡下子宮全摘術 62 84 91 88 86
腹腔鏡下子宮筋腫核出術 44 28 42 23 28
腹腔鏡下卵巣腫瘍手術 81 83 83 82 59
腹腔鏡下子宮内膜症手術 37 38 34 30 36
腹腔鏡下子宮外妊娠手術 10 14 9 17 10
(以上のうち単孔式) (31) (13) (8) (1)

(1)

子宮鏡 子宮鏡下手術(筋腫・内膜ポリープ) 23 18 14 18 16
開腹術 86 73 74 51 53
腹式子宮全摘術 57 43 42  19 39
子宮筋腫核出術 16 13 16 13 14
卵巣腫瘍手術(境界悪性含む) 13 17 14 16 12
腟式手術 28 33 20 8 14
子宮全摘術 6 5 7 1 5
性器脱手術 22 28 12 7 7
悪 性 子宮頸部円錐切除術 85 88 66  60 65
子宮頸部浸潤癌手術 11 8 7 7 4
子宮体癌手術 22 20 22 24 16
  開腹術   10 11 18 14
  腹腔鏡下手術   10 11 6 2
卵巣癌手術 23 17 22 21 13
外陰癌手術 2 1 2 0
産 科
分娩数 497 454 455 424 334
うち、双胎 15 7 10 14 5
帝王切開     140 109 79
帝王切開率(%)  29% 28% 30% 26% 24%

利用者さんへ

  A棟7階の見晴らしのよい最上階に母子センターがあります。LDR(陣痛・分娩・回復期を家族と一緒に過ごせる部屋)も利用していただけ、リラックスした雰囲気でプライバシーの守られたお産が可能です。また、ベビーセンターを併設し、異常分娩や緊急時にも適切に対応できる態勢の下で、安心して出産して頂けます。
 婦人科疾患については、悪性・良性を問わず幅広く診療を行っております。患者さんには画像診断や病理診断に基づいて種々の選択肢を分かりやすく説明し、納得した治療を受けて頂けるよう心がけております。
 若年女性に増加している子宮頸がん及びその前がん病変に対しては、できるだけ機能を温存する手術治療を行っています。子宮体がんに対しては進行期に応じた手術・術後療法を行い、妊娠を希望する患者さんには可能であれば子宮を温存する治療も行っています。妊娠希望のある子宮頸部前癌病変の方に対しては、子宮頸部切除にかわる子宮頸部レーザー蒸散治療を選択肢に加え、予約制で行っています。卵巣がんに対しては手術中に病理診断を行い、進行例では手術と化学療法を適切に組み合わせ、QOL(生活の質)を重視した最善の治療を心がけております。
 良性腫瘍の場合はできるだけ患者さんに優しい手術を心がけています。腹腔鏡や子宮鏡などの内視鏡手術は傷が小さいため、手術後の痛みが少なく、早い術後回復や社会復帰が望めます。また、内視鏡を用いると臓器を拡大して詳しく観ることができ、細かい手術操作ができます。子宮筋腫や卵巣腫瘍の大きなものであっても、可能なら積極的に内視鏡手術を取り入れています。

スタッフ

職 名 名 前 専 門 資 格
部 長 doctor_4389
藤田 宏行
婦人科腫瘍 日本産科婦人科学会・日本専門医機構 専門医
日本産科婦人科学会 指導医
日本婦人科腫瘍学会 専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 認定医・暫定教育医
京都府立医科大学臨床教授
近畿産科婦人科学会 評議員
京都府医師会 母体保護法指定医師
日本女性医学会 女性ヘルスケア暫定指導医
医 師
(非常勤)
福岡 正晃 周産期 日本産科婦人科学会 専門医・指導医
日本周産期・新生児学会 指導医
京都府立医科大学客員講師
医 師
(非常勤)
東 弥生 産婦人科一般 日本産科婦人科学会 専門医
副部長 etou dr衛藤 美穂 産婦人科一般
内視鏡手術
日本産科婦人科学会・日本専門医機構 専門医
日本産科婦人科学会 指導医
日本産科婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医
日本産科婦人科内視鏡学会 子宮鏡技術認定医
京都府医師会 母体保護法指定医師
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母体・胎児)
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コース(Aコース)修了
医 長 加藤 聖子 産婦人科一般 日本産科婦人科学会・日本専門医機構 専門医
日本産科婦人科学会 指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
京都府医師会 母体保護法指定医師
医 師 秋山 鹿子 産婦人科一般  日本産科婦人科学会 専門医
京都府医師会 母体保護法指定医師
医 師 栗原 甲妃 産婦人科一般 日本産科婦人科学会 専門医
京都府医師会 母体保護法指定医師
医 師 谷 顕裕    

外来当番表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
新患

藤田 

衛藤 垂水

秋山

加藤
再来   藤田 

秋山

加藤(2・4週)

衛藤(1・3・5週)

妊婦健診 秋山

加藤
10時~

助産師 衛藤 AM: 谷(1・3・5週)
PM:秋山(14時~)
専門外来     PM:福岡(1・3・5週)
PM:東(2・4週)
AM:加藤
(1・3・5週) 

AM:藤田(腫瘍)
(2・4週)
衛藤(内視鏡)
(15時~)