平成27年度 京都第二赤十字病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1913 450 445 510 939 1242 2704 3730 2592 384
定義)退院患者数には、お産に関わるもの・臓器移植に関わるもの、自費自賠責・労災等保険外診療及び歯科を除いています。又入院から24時間以内の死亡患者・生後1週間以内に死亡した新生児も集計対象外としています。

特性)当院は救命救急センターを併設し、心筋梗塞・脳卒中・ショック・多発外傷・急性腹症など重篤疾患の診療を行っています。救急車での搬入はもちろん、京都府下の病院からの転送も多く、救急専任医が中心となって、各科の専門医と共同で治療に当たっています。また、小児科医、産婦人科医も24時間365日配置し、京都市における救急医療の中心的役割を果たしています。
地域医療支援病院・地域がん診療連携拠点病院として、さまざまな年齢層の患者さんに対して手術等の急性期治療を行なっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 副傷病なし 186 9.97 10.93 2.69% 73.19
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2:ベクティビックス等(5) 副傷病なし 125 4.50 4.53 0.00% 68.23
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 処置2なし 103 11.11 9.20 0.00% 74.09
注)短期滞在手術(内視鏡的大腸ポリープ切除等)は集計対象外
特性)消化管や胆膵疾患に対する内視鏡的診断や治療では全国でも有数の規模と実績をあげています。
注)診療方針及び症例数・治療実績については当科のページをご覧ください
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 15歳未満 処置2なし 489 5.44 5.72 0.41% 2.55
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 166 4.22 5.50 0.00% 3.86
040100xxxxx00x 喘息 処置2なし 副傷病なし 150 5.52 6.31 2.00% 3.73
特性)小児救急医療の充実のため、小児科医が24時間365日常駐し、かかりつけ医である開業医の先生方からの入院依頼や救急隊からの搬入要請に随時対応できるような体制をとっています。
注)診療方針及び症例数・治療実績については当科のページをご覧ください
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:心臓カテーテル法による諸検査 処置2なし 副傷病なし 362 2.94 3.07 1.10% 71.33
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置1なし 処置2なし 354 3.42 4.87 1.13% 72.09
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 処置2なし 201 5.33 5.68 0.00% 68.02
特性)当科では,狭心症や心筋梗塞や不整脈に対して,患者さんの負担の少ない「心臓カテーテル治療」を提案させて頂いております.また薬を使った治療と、薬以外の治療を組み合わせて、根治を含め可能な限り健康に近い状態を目指します。
注)診療方針及び症例数・治療実績については当科のページをご覧ください
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 117 28.24 28.70 77.78% 78.62
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 副傷病なし 103 22.15 24.95 1.94% 69.01
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 80 24.33 27.21 2.50% 75.81
定義)自費・自賠責・労災等保険外診療を除く
特性)救命救急センターを受診する重篤な外傷などの急性期疾患から、近隣の先生方を中心に遠方からも紹介を受ける慢性疾患まで幅広い症例の治療を行っています。変形性股関節症に対する関節鏡視下関節形成術や脊椎外科における筋肉温存型腰椎椎弓間除圧術は小侵襲手術として、それぞれの専門学会においても高い評価を得ています。大腿骨頸部骨折は地域連携パスの適応であり、リハビリ病院等へ転院を行っています。
注)診療方針及び症例数・治療実績については当科のページをご覧ください
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 119 5.54 7.84 0.00% 60.62
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 処置1なし 処置2なし 72 14.82 17.41 0.00% 72.42
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍 胃全摘術 悪性腫瘍手術等 処置2なし 44 16.39 20.63 0.00% 69.89
注)短期滞在手術(鼠径ヘルニア手術)は集計対象外
特性)鏡視下手術を積極的に導入し、患者さんのQOLを考慮した低侵襲手術に対する取り組みを盛んに行っています。
注)診療方針及び症例数・治療実績については当科のページをご覧ください
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 78 6.09 6.34 0.00% 40.24
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 腹腔鏡によるもの等 76 5.70 6.50 0.00% 38.18
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 69 8.94 10.18 0.00% 45.13
注)お産と関連した入院(帝王切開術、早産からの出産等)は集計対象外
特性)子宮・卵巣の良性腫瘍に対しては、内視鏡手術を積極的に取り入れています。
注)診療方針及び症例数・治療実績については当科のページをご覧ください
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:気管支鏡検査、気管支カメラ等 処置2なし 副傷病なし 97 3.21 3.29 1.03% 69.80
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 92 12.76 13.38 1.09% 71.98
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 15歳以上 手術なし 処置2なし 70 11.30 14.34 2.86% 75.57
注)診療方針及び症例数・治療実績については当科のページをご覧ください
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外) JCS10未満 手術なし 処置2なし 副傷病なし 75 20.35 19.32 58.67% 69.21
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 副傷病なし 70 12.99 7.52 30.00% 54.79
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 処置2なし 副傷病なし 39 10.10 11.91 17.95% 77.10
注)自費・自賠責・労災等保険外診療を除く
注)頭蓋・頭蓋内損傷で平均在院日数が長くなっているのは、専門科の管理が必要のため救急科から当科に転科した症例のみの平均在院日数であり、同じ診断群で救急科のみで退院した症例を含まないためです
注)診療方針及び症例数・治療実績については当科のページをご覧ください
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞 JCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(3) 副傷病なし 199 18.22 18.08 26.63% 74.93
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 処置2なし 41 10.02 6.30 0.00% 70.78
010060x099031x 脳梗塞 JCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(3) 副傷病あり 31 30.84 34.68 77.42% 85.10
特性)一過性脳虚血発作は当科の方針により、脳梗塞の発症予防を重視して治療を行っているため平均在院日数は全国平均より若干長くなっています。
脳卒中地域連携パスにより、必要な場合はリハビリ病院等へ転院を行っています。
注)診療方針及び症例数・治療実績については当科のページをご覧ください
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 131 6.47 7.59 0.00% 73.43
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 処置1なし 副傷病なし 50 2.00 2.89 0.00% 63.24
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 処置2:化学療法(2) 副傷病なし 31 14.52 12.36 0.00% 68.26
特性)内視鏡治療にも積極的に取り組んでおり、腎・副腎疾患に対する腹腔鏡治療、腎盂鏡・尿管鏡による診断・治療などに特色を有しています。
注)診療方針及び症例数・治療実績については当科のページをご覧ください
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 98 8.12 7.76 0.00% 53.18
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 54 7.94 8.20 0.00% 23.89
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 45 7.04 10.12 0.00% 48.02
注)診療方針及び症例数・治療実績については当科のページをご覧ください
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置2:リツキサン(4) 副傷病なし 90 17.87 17.69 0.00% 72.18
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 処置2:リツキサン(4) 副傷病なし 53 35.11 36.93 1.89% 72.66
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 処置2:ビダーザ(4) 46 11.28 11.17 0.00% 74.28
注)造血幹細胞移植術症例は集計対象外
非ホジキンリンパ腫の「手術あり」の分類でいうところの手術とは、「輸血」「動注用のカテーテル設置」「造血幹細胞採取」「リンパ節生検」等です。
特性)入院はできる限り短期間とし、外来での化学治療を積極的に施行しています。当科は非血縁者間骨髄移植・採取認定診療科、さい帯血バンク登録医療機関であり、造血幹細胞移植に積極的に取り組んでいます。
注)診療方針及び症例数・治療実績については当科のページをご覧ください
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 副傷病なし 38 4.39 7.52 10.53% 53.79
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 27 16.78 12.60 25.93% 77.07
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 処置2なし 副傷病なし 25 3.24 3.58 16.00% 48.96
注)入院から24時間以内の死亡患者を除く,自費・自賠責・労災等保険外診療を除く
   当科で初期治療を行った後引き続き転科し継続治療を行った患者さんは、転科後の診療科の患者数として計上されています。
注)診療方針及び症例数・治療実績については当科のページをご覧ください
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 処置1なし 処置2:中心静脈注射等(1) 副傷病なし 24 24.63 25.69 16.67% 74.50
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 処置2なし 20 11.90 13.19 0.00% 79.30
050163xx9910xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 処置1:心臓カテーテル法による諸検査 処置2なし 19 3.11 4.97 0.00% 73.74
特性)当院では救命救急センターを併設していることもあり、重症心疾患患者、大動脈瘤患者の搬送も多く、最近では当科の手術における緊急手術、準緊急手術の割合は10%強にのぼり、スタッフ全員が携帯電話により24時間緊急手術に対応できる体制をとっています。
注)診療方針及び症例数・治療実績については 当科のページをご覧ください
糖尿病内分泌・腎臓・膠原病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く) 67 13.57 15.35 1.49% 66.54
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 24 8.92 13.64 0.00% 65.83
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 20 8.50 10.28 10.00% 71.55
注)診療方針及び症例数・治療実績については当科のページをご覧ください
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む) 鼻骨骨折整復固定術等 処置1なし 処置2なし 25 5.96 5.86 0.00% 37.84
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 処置2なし 14 2.86 3.54 0.00% 70.79
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 処置1なし 11 4.45 4.38 0.00% 33.09
注)自費・自賠責・労災等保険外診療を除く
特性)当院は救急病院であるため、外傷にともなう顔面骨骨折(ふきぬけ骨折を含む)、切断指・デグロービング損傷、熱傷に対し24時間体制で対応いたします。
注)診療方針及び症例数・治療実績については当科のページをご覧ください
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 処置2なし 75 8.31 13.03 1.33% 68.97
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 処置2なし 副傷病なし 20 7.00 9.68 0.00% 30.10
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:アバスチン(8) 13 12.92 11.62 0.00% 71.15
特性)95%以上に胸腔鏡下手術が行われ術後1週間での退院が可能となっています。また緊急手術への対応の結果、自然気胸の手術件数が増加傾向にあります
注)診療方針及び症例数・治療実績については当科のページをご覧ください
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く) 手術あり 55 2.84 3.38 0.00% 25.78
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 15 5.27 7.42 0.00% 76.80
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 15 10.67 11.08 0.00% 56.33
注)短期滞在手術(白内障の眼内レンズ挿入術)は集計対象外
   斜視手術の平均年齢が25.78歳となっていますが、約6割は小児(15歳未満)です。
注)診療方針及び症例数・治療実績については当科のページをご覧ください
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 38 8.05 8.97 0.00% 72.34
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 13 7.69 11.97 0.00% 49.77
080030xxxxxxxx 疱疹(帯状疱疹を除く)、その類症 - - - -
注)10件未満は(-)で表示しています。
注)診療方針及び症例数・治療実績については当科のページをご覧ください
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 159 25 24 71 - 73 1 7
大腸癌 89 64 33 167 16 215 1 7
乳癌 17 21 - - - 1 7
肺癌 81 20 58 108 29 203 1 7
肝癌 20 18 19 - - 73 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
定義)治療前のUICC TNM分類でステージ分類しており、術後病理によるステージとは異なります。Stage0(上皮内がん)は集計対象外です。「初発」はがんの診断や初回治療を実施した場合です。「再発」は、一連の初回治療が終了後に追加治療もしくは再発治療を行なった場合です。
患者数は延入院回数(1人の患者さんが一連の治療で複数回入院した場合はその入院回数分計上)となっております。たとえば化学療法のため短期入院を繰り返した場合の延入院回数を含みます。不明にはがんの診断やステージを決めるための検査入院が含まれてます。10件未満は(-)で表示しています。

特性)当院は地域がん診療連携拠点病院の指定を受けており、地域の拠点病院として積極的にがん治療を提供しております。
消化器系でステージⅠの患者さんがかなり多くなっておりますが、これは当院が内視鏡等における早期発見早期治療に積極的に取り組んでいるためです。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 12 9.25 56.00
重症度 1 26 11.62 77.19
重症度 2 20 16.40 79.05
重症度 3 31 14.19 83.58
重症度 4 11 15.36 80.91
重症度 5 - - -
不明 - - -
定義)成人(20歳以上)で、入院契機病名と最も医療資源を投入した病名(DPC請求病名)が共に市中肺炎の患者数
A-DROPスコアの該当数(0点~5点)で重症度分類しています。
不明は意識障害について、肺炎によるものか他の因子によるものか判定できないものがあります。
10件未満は(-)で表示しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 54 10.87 70.17 0.00%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 335 25.79 75.62 37.53%
その他 46 23.15 68.33 3.41%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 33 6.30 72.48 2.86%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
注)10件未満は(-)で表示しています。
特性)当院は救命救急センターを併設しているため、脳卒中の患者さんが多く救急搬送されてきます。脳梗塞の急性期治療では、2005年秋に認可された発症3時間以内の超急性期脳梗塞に対するアルテプラーゼによる経静脈的血栓溶解療法(tPA静注療法)を365日24時間行える体制を整えており、京都府内でも随一の診療実績を有しています。またtPA静注療法を行えない例には、脳神経外科の血管内治療専門医の協力を得て,カテーテルによる治療も行える体制をとっています。
一過性脳虚血発作は当科の方針により、脳梗塞の発症予防を重視して治療を行っているため平均在院日数は全国平均より若干長くなっています。
脳卒中地域連携パスにより、必要な場合はリハビリ病院等へ転院を行なっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 340 1.14 1.27 0.00% 65.99
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 145 2.80 9.73 2.76% 75.18
K6532 内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 等 110 1.62 8.58 0.00% 73.92
注)手術患者数は、1入院期間中の主な手術1つを計上するため、1入院期間中で他の手術と同時に行なった場合は含まれません。
注)各手術の実施件数・診療方針については当科のページをご覧ください
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 318 2.47 2.25 2.20% 72.36
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 158 2.87 3.38 4.43% 75.09
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 130 2.74 2.64 0.77% 68.29
注)手術患者数は、1入院期間中の主な手術1つを計上するため、1入院期間中で他の手術と同時に行なった場合は含まれません。
特性)経皮的冠動脈ステント留置術・四肢の血管拡張術は、基本的に手術目的の入院の場合は術前0~1日、術後1日ですが、
心不全等で入院し治療精査の結果手術となった或いは複数回の治療が必要であった場合などが術前術後の平均在院日数に影響を及ぼしています。
注)各手術の実施件数・診療方針については当科のページをご覧ください
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 等 190 1.48 20.85 2.11% 71.77
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 86 2.42 19.66 56.98% 67.30
K0462 骨折観血的手術(下腿) 等 60 3.22 14.27 11.67% 52.93
注)手術患者数には自費・自賠責・労災等保険外診療を除きます。
特性)人工関節置換術の内訳は、股106件 膝84件となっています。大腿骨頸部骨折は地域連携パスの適応であり、リハビリ病院等へ転院を行っています。
注)手術患者数は、1入院期間中の主な手術1つを計上するため、1入院期間中で他の手術と同時に行なった場合は含まれません。
注)各手術の実施件数・診療方針については当科のページをご覧ください
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 125 1.03 3.54 0.00% 60.70
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 114 1.29 2.74 0.88% 70.46
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 60 4.03 9.67 0.00% 70.52
注)手術患者数は、1入院期間中の主な手術1つを計上するため、1入院期間中で他の手術と同時に行なった場合は含まれません。
注)各手術の実施件数・診療方針については当科のページをご覧ください
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 547 0.38 2.13 0.00% 78.17
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 44 0.84 7.00 0.00% 64.91
K2422 斜視手術(後転法) 23 0.83 1.00 0.00% 21.52
注)手術患者数は、1入院期間中の主な手術1つを計上するため、1入院期間中で他の手術と同時に行なった場合は含まれません。
注)各手術の実施件数・診療方針については当科のページをご覧ください
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 等 101 1.02 3.78 0.00% 36.74
K877 子宮全摘術 70 1.11 7.07 0.00% 49.49
K867 子宮頸部(腟部)切除術 67 0.00 1.40 0.00% 38.28
注)手術患者数にはお産と関連した手術(帝王切開術等)を除く
注)手術患者数は、1入院期間中の主な手術1つを計上するため、1入院期間中で他の手術と同時に行なった場合は含まれません。
注)各手術の実施件数・診療方針については当科のページをご覧ください
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 78 1.15 5.95 0.00% 50.73
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 52 1.08 6.15 0.00% 23.46
K319 鼓室形成手術 51 1.14 4.94 0.00% 48.24
注)手術患者数は、1入院期間中の主な手術1つを計上するため、1入院期間中で他の手術と同時に行なった場合は含まれません。
注)各手術の実施件数・診療方針については当科のページをご覧ください
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 127 1.54 4.30 0.00% 73.69
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 等 50 0.00 1.00 0.00% 63.24
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 26 1.23 11.38 0.00% 66.92
注)手術患者数は、1入院期間中の主な手術1つを計上するため、1入院期間中で他の手術と同時に行なった場合は含まれません。
注)各手術の実施件数・診療方針については当科のページをご覧ください
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 68 1.46 8.88 17.65% 77.00
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 35 12.09 37.14 14.29% 62.86
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 27 4.11 26.11 25.93% 58.67
注)手術患者数は、1入院期間中の主な手術1つを計上するため、1入院期間中で他の手術と同時に行なった場合は含まれません。
注)各手術の実施件数・診療方針については当科のページをご覧ください
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 14 0.00 1.86 0.00% 70.79
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 等 13 0.92 4.92 0.00% 60.00
K227 眼窩骨折観血的手術(眼窩ブローアウト骨折手術を含む。) 12 2.17 3.75 0.00% 38.08
注)手術患者数には自費・自賠責・労災等保険外診療を除く。
注)手術患者数は、1入院期間中の主な手術1つを計上するため、1入院期間中で他の手術と同時に行なった場合は含まれません。
注)診療方針については当科のページをご覧ください
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5603ニ 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術)(その他のもの) 25 5.88 27.76 12.00% 68.44
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 16 1.88 9.31 0.00% 80.25
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 14 0.86 1.50 0.00% 72.14
注)手術患者数は、1入院期間中の主な手術1つを計上するため、1入院期間中で他の手術と同時に行なった場合は含まれません。
注)各手術の実施件数・診療方針については当科のページをご覧ください
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 43 1.30 5.98 0.00% 68.40
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 19 2.58 3.47 0.00% 30.05
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 18 1.06 4.94 0.00% 70.61
注)手術患者数は、1入院期間中の主な手術1つを計上するため、1入院期間中で他の手術と同時に行なった場合は含まれません。
注)各手術の実施件数・診療方針については当科のページをご覧ください
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 17 8.41 27.41 70.59% 77.00
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 13 0.15 7.46 0.00% 45.15
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 13 0.15 3.69 0.00% 30.92
注)入院から24時間以内の死亡患者を除く,自費・自賠責・労災等保険外診療を除く
注)当科で初期治療を行った後引き続き転科し継続治療を行った患者さんは、転科後の診療科の患者数として計上されています。
特性)上記の集計要件のため、救急科の手術患者数としては計上されていませんが、開胸心マッサージ15例、血管塞栓術(頭部・胸腔・腹腔内血管等)(止血術)10例等その他様々な救命治療を行なっています。
注)診療方針については当科のページをご覧ください
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(一連につき)(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合) 15 21.93 7.47 0.00% 57.00
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 13 17.00 42.54 7.69% 70.08
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
注)10件未満は(-)で表示しています。
注)造血幹細胞移植術症例は集計対象外
注)診療方針については当科のページをご覧ください
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 18 0.61 30.50 61.11% 71.50
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
注)10件未満は(-)で表示しています。
特性)経皮的脳血栓回収術は脳神経外科の血管内治療専門医の協力のもとおこなっています。
注)診療方針については当科のページをご覧ください
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 13 0.15 1.69 0.00% 1.38
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの) - - - - -
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) - - - - -
注)10件未満は(-)で表示しています。
注)診療方針については当科のページをご覧ください
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 14 0.09%
異なる 19 0.13%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 77 0.51%
異なる 14 0.09%
注)入院契機と同一の場合には、他院にて処置後の患者さんで合併症の治療目的の紹介・搬入患者さんを含みます。
注)手術・処置の合併症で入院契機と同一の場合は、人工関節のゆるみや破損・吻合部狭窄・ステント閉塞・眼内レンズの脱臼といった時間の経過とともにある程度の頻度で発生するものを含みます。
手術・処置の合併症で入院契機と異なる場合は、術後敗血症(感染症)・術後出血・術後創離解等です。
更新履歴