京都第二赤十字病院 看護部は「歩み入る人にやすらぎを、帰りゆく人に幸せを」を理念に最善の医療を提供いたします。
menu
TEL:075-212-6121

PNSと勤務体制

PNS

PNSとは、看護師が安全で質の高い看護を提供することを目的に、2人の看護師が良きパートナーとして対等な立場で互いの特性を活かし、相互に補完し協力し合って、毎日の看護ケアをはじめ、委員会活動、病棟内の係の仕事に至るまで1年間を通じて活動し、その成果と責任を共有する看護体制です。パートナーの両者が上でも下でもない対等な関係で尊重,信頼し合い、情報を共有し話し合いながら、2人の力を合わせて看護を実践していきます。
H29年度より手術室・外来を除く全病棟でPNSを導入しています。

勤務体制

看護体系:2交代制(2パターン)および3交代制

看護配置基準:
一般病棟7:1,
救命救急センター病棟4:1,
救命救急センターICU2:1

夜勤体制:
1病棟3名~5名夜勤  
3交代の場合:月8~9回  
2交代の場合:月4~4.5回

Copyright Japanese Red Cross Kyoto Daini Hospital 2013 All rights reserved.
京都第二赤十字病院 看護部は「歩み入る人にやすらぎを、帰りゆく人に幸せを」を理念に最善の医療を提供いたします。