学生の声

HOME > 学生の声 > 在学生の声

在学生の声

一人一人をしっかり見ていてくれる先生方は師であり応援団のよう。実習指導体制も充実しています。

3年生矢野 京香さん

Read MoreClose

私が看護学校を選んだ理由

中学のときも高校のときも看護師を目指して勉強してきました。進学に際しては大学か専門学校か迷いましたが、将来的には母子保健の仕事をしたいと思っており、3年で看護師の資格を取り、あとの1年を助産師学校で学ぶ選択をしました。この学校を選んだのは、赤十字の理念のもと、発展途上国や災害現場でも生命を守ることに貢献できる看護師でありたいと思ったからです。

第二赤十字看護専門学校の魅力は?

先生との距離が近いのが魅力です。どの先生も生徒一人一人のことを本当に理解してくださっており、悩みや将来のことを率直に相談できます。こういうことがありました。実習で初めて終末期の患者さんを担当し、どのように接するのがよいか悩んでいた私に、実習担当の先生が、「矢野さん、確かこういう本を読んでいたよね。そこからあなたが感じたことは何?」というアドバイスを頂きました。押し付けではなく私の思いを引き出してくれ、自分自身できちんと考え向き合う時間をもらえました。先生方は師であることはもちろん、応援団のようにさえ感じます。

後輩へのメッセージ

この学校を選んで一番よかったのは、病院と提携しており実習の機会が充実していること。先輩看護師も本校の卒業生ですので、しんどさや嬉しさも共有でき、よりよい人間関係の中で貴重な経験を積むことができます。

ドクターや臨床現場からのリアルな講義が特色。秋のスポーツフェスティバルは盛り上がりますよ!

2年生三丸 夏実さん

Read MoreClose

私が看護学校を選んだ理由

幼い頃、京都第二赤十字病院に入院したことがあります。そのとき実習生が一緒に遊んでくれ、寂しさやストレスを受け止めてくれました。看護師を目指したとき本校を選んだのはそんな理由もあります。さらに本校は病院との連携がしっかりしているのも魅力でした。実習先の病院は当然本校出身の看護師が多いので、学生の立場に立ったアドバイスをして下さり、日頃の学習と結びつけて実習を行うことができます。

第二赤十字看護専門学校の魅力は?

クラスメイト一人ひとりと深く関わることができます。また10月に行われる第一・第二・大津三校合同のスポーツフェスティバルでは、先輩後輩関係なく一丸となって勝ちを取りに行くような活気に満ちた校風も魅力。昨年は優勝し、全学年が集まってケーキでお祝いしました。そのようなイベントは生徒が主体となって行い、授業もグループワークも多いので、自分で考え行動することや協調性など、人との関わりの中で成長していけるのも本校の魅力だと思います。

後輩へのメッセージ

三年制でカリキュラムは厳しいですが、ドクターや臨床から来ていただく専門職の方たちから直接講義を受ける機会に恵まれています。実習も充実しており、先輩看護師や患者さんから新しい学びや発見をすることの多い環境です。受験生の皆さん、ぜひ私たちと共に学びましょう。

やりたいことに向かい仲間とともに学ぶ日々は、思っていたよりずっと楽しい。

1年生河野 桃佳さん

Read MoreClose

私が看護学校を選んだ理由

私の母も看護師です。私自身は大学までエスカレーター式の学校に通っていましたが、母と同じ、人に寄り添い支えることのできる看護師への思いが勝り看護学校を選択しました。本校を選んだのは1日看護体験がきっかけです。先輩方が高校生のために学校紹介をしてくださったのですが、先生に言われたのではなく自主的にそうされたと聞きました。とてもわかりやすく、人道・博愛の赤十字の精神のもと働くことの意義を強く感じ、この学校で学びたいと心から思いました。

入学して、今、思うことは?

兼ねてから、赤十字の看護学校はカリキュラムが厳しいと聞いていましたので、ものすごい覚悟で入学しました(笑)。ですが、すべてが看護につながる授業です。自分のやりたいことに向かって専門的なことが学べるのは、実は想像以上に楽しいものでした。入学してすぐの4月には球技大会があり、先輩方との交流も深めることができました。今では情報交換をしたり相談にも乗ってもらっています。決して大規模ではない学校だからこそのふれあいも、毎日が楽しく感じる理由だと思います。

  • 京都第二赤十字病院
  • 第二赤十字看護部
  • 学生情報局
  • 学内定期便
pagetop