学校案内

HOME > 学校案内 > 学校長ご挨拶

学校長ご挨拶

IMG_1442_02_R

学校長 小林裕

 京都第二赤十字看護専門学校は1949年に開設され、赤十字の基本理念―人道、公平、中立、独立、奉仕、単一、世界性―に基づいた看護の教育方針で現在までに約2000名の優秀な看護師を輩出しています。赤十字の看護教育は日本赤十字社の重要な設立目的の一つであり、我が国における看護師養成の根本的な基盤となっており、赤十字社の看護師は一般に広く信頼され高く評価されています。

 本校は京都第二赤十字病院に併設される付属看護専門学校であり、当院が主たる実習病院となります。当院は京都市の中心部、京都御苑や府庁に隣接する要地にあり、歴史的にも京都府の日赤病院の発祥地です。古くから京都市民のみならず府下、近隣の他府県民からも信頼の厚い病院です。京都府で最初、全国的にも超早期に設立された救命救急センターを中心とした救急医療と地域支援病院・地域がん診療連携拠点病院としてがん診療その他高度急性期医療に特化した病院です。現代の高度かつ複雑化した医療現場において、豊かな人間性と看護に関する幅広い知識を兼ね備えた専門の実践者養成のための実習病院であることを強調します。

 本校の特色としては、まず良質な教職員と生徒たちの親密な信頼関係があげられます。院内で実施される高校生達の看護体験やオープンキャンパスなどにおいて、その友好的で親近感あふれる学校の雰囲気を実感していただき注目されています。学校の教職員は非常に教育熱心であり、生徒の自主性・主体性を重視したマインドマップ®やポートフォリオなどの新しく、実践的な教育方法を導入し学生達はもとより、学外からも高い評価を得ています。病院内の指導担当看護師たちも実習指導方法を工夫し効率的かつ有効な教育を企画しており、学校教育から実際的な病院勤務に続くシームレスな看護教育を実践しています。

 看護師になりたいと思う夢の実現のために学校職員のみならず、病院職員全員が一致協力いたします。どうぞ楽しい仲間になって頑張りましょう。
必ず、楽しい学校生活が待っています。

  • 京都第二赤十字病院
  • 第二赤十字看護部
  • 学生情報局
  • 学内定期便
pagetop