研修の理念・基本方針・行動目標

研修の理念

  将来の専門性にかかわらず、一般的な診療において頻繁に関わる負傷又は疾病に適切に対応できるよう、基本的診療能力を修得するだけでなく、患者の立場に立って医療を実践し、患者から学ぶ姿勢を身につけた社会的に尊敬される医師を養成する。

基本方針

  1. 医師としての人格をかん養する
  2. 基本的なプライマリ・ケアのための診療能力を身につける
  3. 地域の医療機関と協力して、患者に安全かつ良質医療を提供できる
  4. チーム医療のリーダーとしての自覚を身につける

行動目標

  1. 良好な患者-医師関係を保つために
  2. 患者・家族のニーズを、身体・心理・社会的側面から把握できる
  3. インフォームド・コンセントが実施できる
  4. プライバシーへの配慮ができる

基本的なプライマリ・ケアのための診療能力を身につけるために

  1. 経験すべき診察法・検査・手技が行える
  2. 経験すべき症状・病態・疾患を経験する
  3. 特定の医療現場を経験する

地域の医療機関と協力して、患者に安全かつ良質医療を提供できるために

  1. 地域の医療機関等のニーズを理解し、関係機関の職員とコミュニケーションがとれる
  2. 医療を行う際の安全確認の考え方を理解し実践できる
  3. 医療事故防止および事故後の対処について、マニュアルに沿って行動できる
  4. 院内感染対策を理解し実践できる

チーム医療のリーダーとしての自覚を身につけるために

  1. 指導医や専門医に適切なタイミングでコンサルテーションできる
  2. 上級医や同僚と適切にコミュニケーションがとれる
  3. 同僚や後輩に適切なアドバイスができる
  4. 看護師や他の医療従事者の業務を理解し、適切なコミュニケーションがとれる